コラム

この世に生をうけた目的

 

この世に生をうけた目的

 

一流の人に

 

一流の人とは、人の心の痛みが分かる人と言えないでしょうか?

人はいろいろな人によって育てられます。有難いことです。感謝の心が芽生えてくるでしょう。

感謝を忘れず、恩に報いていきたいものです。

畜生すら恩に報いるのですから。恩を知り、恩に報いていきたいものです。

 

仏典に「人のために火をともせば・我がまへあきらかなるがごとし」という言葉があります。

一般にも「情けは人の為ならずと」いう言葉がありますが、人の為にした事は、巡り巡って全部自分に返ってくるという意味です

 

「自業自得」

 

これはよく悪い意味でつかわれることが多いですが、良い事にも当てはまるのです。

 

初めから人の為に生きるという事は難しいと思います。

まずは自分を大切に。自分を大切にできない人は、他人も大切にできないでしょう。

 

人は誰でも自分がかわいいものです。その様に相手も他人も同じ様に自分がかわいいものです。

 

ですので、自分を大事に思う様に、相手も他人も大事にしていきたいものです。

 

本当の幸せ

 

自他共の幸せ。

 

それが本当の幸せではないでしょうか?

自分一人だけの幸せも無ければ、他人だけの不幸もないでしょう。

 

すべての人が幸せになる。

 

それが、この世に生をうけた本当の目的ではないでしょうか?

 

 

文章:シャーペン

 

画像提供元:https://foter.com/d/d.php?f=https%3A%2F%2Flive.staticflickr.com%2F4667%2F39161007565_13ab246281_c.jpg&s=6cc3aeb1d81b5eba0a74c8b23f8dd735

関連記事

  1. 危険や罠の分類について
  2. 犬の隠された本音
  3. トマス・ペイン『人間の権利』岩波文庫
  4. ちばあきおさんのキャプテン、プレイボールの感想
  5. 『スライムを倒して300年、知らない間にレベルMaxになってまし…
  6. ショートショート『たまには傘を忘れてもいいかな』
  7. 小説:『ドラッグストアには来たけれど』
  8. 不思議な話『熱湯では伸びないラーメン』

おすすめ記事

晴雲の里

一般っ雇用がなかなか困難な障害者に作業の場を提供するとともに、仲間やボランティアとの関係つくりを経験…

地域生活支援センターまいらいふ

ピアノの色は「黒」が多いと思いませんか?

「ピアノの色は?」と聞かれたら、多くの人が黒色を連想すると思います。当然、白色や…

ディーキャリア 府中オフィス

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労に必要な知識及び能力向上のために必要…

Bon Bon Bakery

生産活動などの機会の提供、パン作りを通して一人一人のできることや得意な事を見つけていく。 ご本人の希…

新着記事

PAGE TOP