サスペンス・ホラー

怖い話『俺も見えたよ』

 

小学生高学年の時、仲間たちと川辺のグランドで遊んでいると突然、激しい雨が降り出した。

雨の中、みんなで雨宿りできる場所を探して堤防の道を走っていると、

 

「おーい!」

 

と声がした。

 

見ると、堤防下にある家の2階の窓から、自分たちと同じくらいの年頃の子がふたり、こちらに向かって手を振っているのが見えた。

 

「こいよー、一緒に遊ぼうー」

 

と叫んでいる。

わたしは行ってもいいかな、という気になっていたが、他のみんなは雨音で聞こえていないのか気づかずに走っている。

 

ようやく倉庫の軒下で一息ついた時にわたしは、

 

「さっき男の子が手振りながら呼んでたけど、あっこで雨宿りさせてもらってもよかったのに」

 

というと、

 

「あの家、ずっと空き家だぞ。人がいるわけないやん」

 

とみんなは口々にいう。

 

そう言われて、気のせいだったのかな?と思うようになっているところに、一人の友人がそっと私のそばに来て言った。

 

「それ、俺も見えたよ」

 

文章:百百太郎

 

画像提供元 https://visualhunt.com/f6/photo/48241664122/bf32642d0b/

 

関連記事

  1. 怖い話『死体現場ごっこ』
  2. 怖い話『二階に上がっていったのは・・・』
  3. 怖い話『体育倉庫の子ら』
  4. 怖い話『怖いおっちゃんおる!』
  5. 怖い話『預かったバイク』
  6. 怖い話『昼間に寝ている女』
  7. 怖い話『何かいた』
  8. 怖い話『相談事』
PAGE TOP