生活

タクシーが車椅子利用者を乗車拒否

 

 車椅子利用者を乗車拒否したとして、タクシー一台が30日間の利用停止の行政処分とした

 車椅子のまま乗車できるスロープがついていたにもかかわらず、車椅子利用者の乗客を拒否しました。行政はこれを重く見て、タクシー1台を30日間の利用停止処分を下しました。車椅子利用者の乗車を拒否した運転手についても、30日間の登録取り消しを受けました。

 

 処分をしなければ、同じような業者が現れる

 今回の件をおとがめなしにすれば、同じようなことをするタクシー会社が現れるかもしれません。行政はそうならないように、処分を下したのではないでしょうか。

 

 タクシー会社は車椅子利用者を乗せたくないかもしれない

 車椅子の乗降については、お金は発生しません。それゆえ、余計な手間をかけることになります。怪我をさせた場合には、保証などもしなくてなりません。お金にならないのにリスクを負うのは、タクシー関係者からすれば馬鹿馬鹿しい話です。身体障碍者にはタクシーに乗ってほしくないのが、本音ではないでしょうか。

 

 タクシー会社に追い打ちをかけるのは、身体障碍者は一割引であることです。国は補填してくれないので、会社の利益は減ってしまいます。手間はかかるうえ、もらえるお金は減ってしまうのはデメリットしかありません。

 

 身体障碍者にタクシーに乗る権利があるとはいえ、乗車させる側のことも考える必要がありそうです。

 

 まとめ

 タクシー運転手は慈善事業ではありません。手間のかかる乗客は拒否したいのが本音だと思われます。

 

 車椅子利用者にもタクシーに乗る権利があります。バランスをどのように取るのかを求められます。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f7/photo/2125889913/e0129538ed/

関連記事

  1. 刺激不足な毎日。刺激が欲しい人のやるべき事とは――?
  2. 結果主義は障碍者にとって生きにくい
  3. 発達障碍は社会全体から嫌われるわけではない
  4. 初恋の人とはなかなか結ばれない
  5. 配偶者のいる障碍者はA型作業所、B型作業所、就労移行などを利用し…
  6. 6割程度の対人関係を目指そう【障碍者編】
  7. 【雑種猫の特徴と、純血種との違い】②
  8. 障碍者支援とは障碍者を論評するだけの場になってしまっている
PAGE TOP