コラム

「努力=苦しい」から離れる

 

この世に生をうけたら、とにかく頑張らないといけないと教えられます。

 

頑張らないと、あとあと苦しいことが待っている、などと脅されたりもするかもしれません。

 

実際、何もしないでじっとしていて食べるものがやってくるわけはなく、空腹という苦しみが襲ってきます。

 

というわけで、あちこちを行ったり来たりすることになります。

 

頑張るのは苦しみを和らげるためと言えます。

 

ところで、「努力=苦しい」と思っていると、頑張ることが苦痛で仕方なくなります。

 

すると、苦痛を和らげるために苦しむという、訳の分からないことになります。

 

この構図から離れるには、「努力=苦しい」から「努力=楽しい」へとジャンプすることがカギになります。

 

そうすれば、頑張ることが苦痛でなくなります。

 

そのためにどうすればいいか。

 

自分のやりたいことややらなければならないことをよく観察しましょう。

 

ひたすらしんどいのを我慢しなきゃいけないことや、反対に、時のたつのを忘れるほど没頭することがあるでしょう。

 

わたしがあることを練習していたら、その姿を見た知人に、「しんどない?」となかば呆れ顔で言われたことがありました。

 

その人にとっては、私の練習が苦行にしか見えなかったのでしょう。

 

大事なのは、ストイックに苦しむということではなく、苦しいことは苦しいけれども、

「ほんとのところ楽しい」ということです。

大雑把にいって、楽しめることというのは得意なことや他人に褒められたことのあることだと思います。

 

そんなのないよ、という人も、よおく過去を振り返ってみてください。

なにか楽しかったことや褒められたことがあるはずです。

それが、努力を楽しめることなのだと思います。

 

文章:増何臍阿

 

画像提供元:https://foter.com/f6/photo/9856419694/ae7078cd37/

関連記事

  1. 小説:『彼女との約束(4)』
  2. ショートショート『空から偽札が舞い降りてきたら』
  3. 小説:『借金を完済した直後にあの世に旅立った女性は異世界に転生(…
  4. 小説:『友達のいない男は、クラスメイトの男性恐怖症克服に協力させ…
  5. 短編小説:『最後は幸せ』
  6. 小説:『自分の道(3)』
  7. ショートショート『夢の中の衝撃的な出来事』
  8. 小説:『友達のいない男は、クラスメイトの男性恐怖症克服に協力させ…

おすすめ記事

さかい 

利用者が地域において自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、関係機関との緊密な連携を図り…

障害者就労支援事業所 いもや

地域生活支援大地

利用者の自立の促進・生活の質の向上を図り、利用者の意思及び人格を尊重して、利用者の立場に立ったサービ…

あるく川名 

アイトライさいたまセンター

1 指定定着支援事業所は、利用者が現就労先企業における就労の継続と、指定基準第206条の2に規定する…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP