レジャー

大相撲の7月場所で白鵬が全勝優勝

 

 大相撲の7月場所が終了し、白鵬が全勝優勝で終わりました。7月場所で思ったことについて書いていきます。

 

 白鵬は勝つことにこだわっていた

 勝利に対する執念は人一倍強かったように思います。勝負事なので、勝たなければ始まりません。誰よりもその部分をわかっているように映りました。

 

 1年のブランクで全勝優勝は快挙

 いろいろと苦言を呈している人はいるものの、全勝優勝したのは立派だと思います。横綱としての責務をきっちりと果しました。

 

 1年間相撲を取れなかった36歳の男に誰も勝てていない

 白鵬は休場明けで、相撲を取りきるのも難しい状態だったと推察します。満身創痍の状態であるにもかかわらず、対戦相手は一度も勝つことはできませんでした。そのことに対して、多くの相撲ファンは失望したのではないでしょうか。

 

 日本人は批判することしかできない悲しい生き物

 優勝したにもかかわらずクレームをつける日本人に対して、悲しさを覚えました。他人を素直に称えることができないのでしょうか。

 

 まとめ

 白鵬が優勝したことで、現時点の力関係がはっきりとしました。怪我もちの横綱に全勝優勝を許した、日本人には奮起を期待したいです。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/5f176f857416715d29d805de5948813138bba9b6

©白鵬が最長ブランク優勝も祝福の声はなし…「内容は褒められたものではない」と苦言〈dot.〉(AERA dot.) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/12875792145/e8fa80ef25/

 

関連記事

  1. ヤクルトの村上選手はホームランの日本記録を更新するのか
  2. 大学入学共通テストの見送り
  3. ラグビー日本代表のユニフォーム 本当は「単色」にしたかった!
  4. you tuberの「へずま りゅう」さんが山口県の参議院補欠選…
  5. 日本ハムの中田選手が暴力で出場停止
  6. 里見女流四冠が出場する棋王戦の本戦トーナメントの組み合わせが決定…
  7. 選抜の甲子園出場校予想2
  8. 西武ライオンズの2連覇
PAGE TOP