コラム

トマス・ペイン『人間の権利』岩波文庫

 

トマス・ペイン『人間の権利』

 

エドマンド・バークのフランス革命に対する批判を目の当たりにしたペインが、バークへの反駁の書として書いたのが本書です。

ところで、エドマンド・バークが書いた『フランス革命の省察』は、多くの出版社から刊行されていますが、安価な値段で手に入れやすい書籍として、佐藤健志【訳】の『[新訳]フランス革命の省察「保守主義の父」かく語りき』PHP文庫をお勧めしておきます。

 

保守主義者のバークは、本国イギリスで起きた過去の革命やアメリカ独立革命に際しては、一定の擁護する姿勢を示していたようで、その時期まではペインもバークを認めていたようです。

伝統や慣習など、過去の全てを破壊するのが革新勢力だとするバークに対して、ペインはフランスにおいては、統治の諸原理が圧政に基づいていたためとして解しており、そこに両者の考え方の違いが見て取れます。

 

ちなみに法哲学者の森村進氏によれば、ペインの思想は左翼的リバタリアンに連なるとのことですから、筆者としてはペインの政治思想が古典的自由主義者に属すると見ています。

 

『政府は、社会と文明とがうまい具合に対処できない、限られた数の場合に備えるのに必要なだけで、それ以上は何の必要もなく、政府がそれ以上付け加えることができる有益なものはすべて、政府を持たずに、社会の一致した意見で実行してきたことを示す実例は、けっして少なくないのである。』本書より

 

 個人的見解として、フランス革命は、絶対主義からの開放をもたらした点では評価されましょう。一方、その後において、中央集権制を経て、恐怖政治への道を招き入れたことも記憶にとどめて置く必要があると思います。

 

文章:justice

関連記事

  1. 岡崎 琢磨『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹…
  2. 佐藤 優『官僚階級論-霞が関といかに闘うか』モナド新書
  3. 築山 節【著】『脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める…
  4. どうなるかわからない
  5. 副島隆彦『余剰の時代』ベスト新書
  6. 不思議な話『ポテトチップスが一瞬にして消えた』
  7. 山本甲士『ひなたストア』小学館文庫
  8. ジェラートピケって知ってる?ときかれたときの男性の反応

おすすめ記事

就労支援センターウィズダム

私たちは以下の理念に基づいて就労支援を行い、働くことを希望するすべての障がいのある方が充実した職業生…

在宅勤務に向く人、向かない人

 コロナウイルスで在宅勤務をしている人もいると思います。 今回は在宅勤務に向く人、向かない人を取…

八王子福祉作業所

1)利用者一人ひとりの障害程度・特性、生活歴を考慮した支援プログラムを提供します。 2)利用者一人ひ…

築輪作業所

事業を行う者は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会…

田上町障がい者支援センター 

利用者の意向、適性、障害の特性その他の事情を踏まえて就労継続支援B型計画(個別支援計画)を作成し、こ…

新着記事

PAGE TOP