福祉・医療

新薬には処方制限がある

 

 新薬(開発されて一年以内の薬)は、原則として14日以内しか出すことはできないルールがあります。一般人の間で走られていないものの、医者の間では常識となっています。患者はこのルールを知らないので、どうして薬をもっと出してくれないのか、と思ってしまいます。

 

 新薬を処方する際、患者を定期的に見なさいという指針が定められている

 患者の健康に被害を及ぼす確率が上がるため、二週間に一度以上は診断を受ける必要があります。医師が患者の安定を自分の目で見るためとなっています。

 

 例外に当てはまる場合は14日以上にわたって、薬を処方される場合もある

 ゴールデンウィークなどの長期休暇などのケースにおいては、14日以上の処方を認められるケースもあります。他にも例外はありますので、細かいことについては主治医に確認するようにしましょう。

 

 まとめ

 新しい薬をもらうときは、原則として長期にもらうことはできません。ルールとして定められていますので、新薬をもらう際には覚えておきましょう。

 

*画像で表示されている薬については、該当しない可能性もあります。予めご了承下さい。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/3966928317/49458d4ea0/

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 障碍者が一般会社で働く難しさ5
  2. 障碍者は口だけにならないように
  3. 発達障碍者からすると、利用者に寄り添うという企業理念はでまかせ
  4. 自分のやり方を模索してみよう【障碍者編】
  5. いじめは障碍者の継続年数に影響を及ぼすのか
  6. 障碍者が仕事をする際に気をつけたい7つのポイント
  7. 発達障碍が人と相談してて感じたこと
  8. メンタルヘルスを対象とした事業所の紹介(沖縄県)
PAGE TOP