レジャー

正式な棋士以外が竜王戦の5組以上に昇格した場合の扱い

 

 小山アマが竜王戦の準決勝にコマを進めました。あと一勝すれば、5組昇格となります。

 

 竜王戦には棋士以外の枠が設けられている

 竜王戦ではアマ、女流棋士、奨励会員が参加します。確率は低いものの、正式なプロ棋士以外が5組に昇格する可能性は残されています。

 

 昨年は西山朋佳女流三冠(奨励会三段)が、ベスト4まで勝ち進みました。あと一勝していれば、プロ棋士以外で初めて5組に昇格していました。

 

 今年度については、小山アマがベスト4に進出しました。あと一勝すれば、5組昇格が決定します。

 

 プロ棋士以外が5組以上に参加した場合、昇級できなければ参加資格を失う

 棋士以外で4組に昇格するためには、決勝まで進む必要があります。条件を満たせなかった場合、次回の参加権を失うことになります。

 

 正式な棋士ではないため、厳しい制約を課されています。

 

 奨励会員が5組に進出した後、プロ棋士になった場合はどう扱うのか

 奨励会員時代に5組に昇格、その後にプロになるという展開もありえます。そうなった場合、竜王戦の扱いはどのようなものになるのでしょうか。

 

 1組の場合はどうなるのか

 正式な棋士以外が1組に参加したことはないため、ここについては明文化されていません。どのようなルールとなっていくのでしょうか。

 

 まとめ

 最近は女流棋士、アマの活躍が目立っています。彼らが実力を示すことができれば、竜王戦のルールは変わっていくかもしれません。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f6/photo/2303954491/aae8568e2e/

関連記事

  1. 開幕6試合でサッカーのような点数しか取れない阪神打線
  2. プロ野球ペナントレース優勝の行方は?(セリーグ編)
  3. 大相撲で怪我による休場が目立っている
  4. 大相撲の阿炎が引退届を提出
  5. 3000系プレミアムカーは9月25日のダイヤ改正に影響したのか
  6. Pリーグとは…?
  7. 女性初のプロ棋士は誕生するのか
  8. 斎藤佑樹が2021年も現役
PAGE TOP