レジャー

勝南桜が2021年3月場所で連敗記録を更新する可能性がある

 

勝南桜(旧名服部桜)が、一番相撲に敗北し84連敗となりました。

 

彼は約2年間にわたって、一度も白星を挙げられていません。それゆえ、史上最弱力士、平成の大序ノ口などとwikiで書かれていた時期もありました。(現在は削除されている)

 

今回は勝南桜の連敗記録を取り上げていきたいと思います。

 

今場所中に自身の持つ連敗記録を更新する可能性がある

現在の連敗記録は89となっています。全ての相撲に敗北すると、連敗は90もしくは91(8番相撲を取って負けた場合)となり、自身の持つ連敗記録を更新します。

 

序ノ口はどんなに負けたとしても番付外に落ちることはない

序の口においては、全休しない限りは番付外に落ちることはありません。勝南桜のように全敗しても、番付が維持されます。(引退者がたくさん出ると、全敗であっても番付が上がることもある) 

 

相撲協会の歴史に名を残した

今後、彼のような相撲取りが現れることはないかもしれません。そういう意味では、歴史に名を残したといえるのではないでしょうか。

 

連敗記録を止めるのは誰になるのか

これだけ負けているので、連敗を止めるのは誰になるのでしょうか。番組編成次第では、不戦勝による連敗記録ストップになる可能性もありそうです。

 

まとめ

こんなに負けているのに、出場できる精神力はすごいと思います。私なら途中で折れてしまいそうです。

 

勝南桜は相撲界に名前を残す存在になりました。不名誉ではあるものの、今後に語り継がれていくのではないでしょうか。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://www.pexels.com/photo/grayscale-photo-of-body-of-water-2574614/

関連記事

  1. 斎藤佑樹投手が現役を引退
  2. 千代の国は幕下、十両、幕内で一場所ずつ優勝し、三場所連続優勝を成…
  3. 羽生九段はタイトル100期獲得なるか
  4. Jリーグの三浦知良選手が後半のロスタイムに出場(2021年3月)…
  5. 選抜予想2021(11月2日時点)
  6. USJにマリオがやってくる
  7. 羽生九段が名人戦のA級から陥落
  8. 【サッカー】伝説の選手、ディディエ・ドログバ
PAGE TOP