レジャー

横綱の白鵬が3日目から休場(2021年3月場所)

 

 横綱の白鵬が3日目から休場します。右膝を気にしていたということなので、傷めているのかもしれません。

 

 白鵬の休場は5場所連続

 身体が満身創痍で、本場所で相撲を取れる状態ではないのかもしれません。これについては当人しかわからないので、なんともいえません。

 

休場すると本場所を取りきるのはどんどん難しくなっていきます。15日間を取りきる習慣をつけた方がよいのではないでしょうか。

 

 番付が落ちないから簡単に休場できる

 大関以下は休場を続けると、番付はどんどん落ちていきます。横綱はどんなに休んだとしても、番付を維持されます。それゆえ、簡単に休場してしまうのかもしれません。

 

 休場が癖になってしまっている

 人間は一度甘い蜜を吸ってしまったら、その感覚を忘れることはできなくなります。休場しても同じ給料をもらえることに、味をしめてしまったのかもしれません。

 

 横綱を安易に休場させないよう、強制的に引退させるといった制度を設けた方がよいでしょう。現行制度のままでは、まじめに相撲を取っている力士が報われません。

 

 まとめ

 番付が落ちるのであれば休場してもよいと思いますけど、横綱はどんなに休場しても番付は変わりません。現役にしがみつくためだけに休むのは、多くの人が納得していないのではないでしょうか。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3fb99ba7306f4b623882f399d8bd7b7c3c09627

©白鵬、7月場所で進退懸ける 5月の夏場所出場は回避(サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://www.pexels.com/ja-jp/photo/164175/

 

 

関連記事

  1. 【サッカー】伝説の選手、ライアン・ギグス
  2. プロ野球のノンテンダー契約は戦力外だったのか
  3. 【欧州CL】マンU対アトレティコ、決戦の日が近づく
  4. Pリーガー紹介⑥
  5. 羽生九段は棋王戦の挑戦者になれるのか(2022年9月15日現在)…
  6. 将棋棋士の橋本八段が現役引退
  7. 大相撲の十両、幕下の入れ替え予想を書いていきます。(2022年1…
  8. 羽生九段が名人戦のA級から陥落
PAGE TOP