レジャー

横綱の白鵬が3日目から休場(2021年3月場所)

 

 横綱の白鵬が3日目から休場します。右膝を気にしていたということなので、傷めているのかもしれません。

 

 白鵬の休場は5場所連続

 身体が満身創痍で、本場所で相撲を取れる状態ではないのかもしれません。これについては当人しかわからないので、なんともいえません。

 

休場すると本場所を取りきるのはどんどん難しくなっていきます。15日間を取りきる習慣をつけた方がよいのではないでしょうか。

 

 番付が落ちないから簡単に休場できる

 大関以下は休場を続けると、番付はどんどん落ちていきます。横綱はどんなに休んだとしても、番付を維持されます。それゆえ、簡単に休場してしまうのかもしれません。

 

 休場が癖になってしまっている

 人間は一度甘い蜜を吸ってしまったら、その感覚を忘れることはできなくなります。休場しても同じ給料をもらえることに、味をしめてしまったのかもしれません。

 

 横綱を安易に休場させないよう、強制的に引退させるといった制度を設けた方がよいでしょう。現行制度のままでは、まじめに相撲を取っている力士が報われません。

 

 まとめ

 番付が落ちるのであれば休場してもよいと思いますけど、横綱はどんなに休場しても番付は変わりません。現役にしがみつくためだけに休むのは、多くの人が納得していないのではないでしょうか。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3fb99ba7306f4b623882f399d8bd7b7c3c09627

©白鵬、7月場所で進退懸ける 5月の夏場所出場は回避(サンケイスポーツ) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://www.pexels.com/ja-jp/photo/164175/

 

 

関連記事

  1. パラリンピックで71歳の選手が出場権を獲得した
  2. プロ野球ペナントレース優勝の行方は?(パリーグ編)
  3. 第101回全国高校野球選手権大会(決勝の見どころを分析した)
  4. 大相撲には不浄負けというものがある
  5. クライマックスシリーズの是非を問う
  6. 2021年3月場所の番付発表
  7. 西山朋佳女流三冠が棋聖戦二次予選で初戦突破
  8. 育成選手から這い上がれるか

おすすめ記事

ユーファームとかみ

就労定着支援事業所 irodori

法人理念のもと、「支援の質」にこだわり、長期的な支援を職員全員がチームとして行うことを 心がけます。…

秋田聖徳会相談支援事業所

レジリエンス

・既存の福祉サービスでまだ対応できていないことや、福祉の狭間に埋もれている問題に向けて新たな福祉サー…

さんかく広場

事業所が運営する就労継続支援B型の事業は、精神障害者及び知的障害者であって、働く意欲がありながら雇用…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP