エンタメ

プレイボール2は連載する必要があったのか

 

 作者が死亡したことにより、プレイボールは未完の作品のまま終わりました。(谷口の夏の甲子園の前で終了)続きを読みたいという意見が多かったのか、他の作者によって続きを書かれることになりました。

 

 同じ作風を継承するといっても、個人差はどうしても出てしまいます。ちばあきおさんのプレイボールにそぐわない話が登場するくらいなら、そっとしておいたままでよかったように感じます。途中で終わったからといって、ちばさんの作品の評価が変わることはありません。

 

 原作を尊重するのであれば、プレイボール2は必要なかったのかなと思います。

 

 作者は他の人によって続きを書かれることを望んでいたのか

 故ちばあきおさんは、他の作者によって続きを書かれることを本当に望んでいたのでしょうか。そうでないのであれば、無理に書く必要はなかったように思います。

 

 私は途中で終わったことを寂しいと思いつつも、続きを読みたいとはあまり考えませんでした。自分の想像の中で、プレイボールの世界観を考えることも、楽しみの一つとしていました。

 

 ちばあきおさんは墨谷高校を甲子園に行かせるつもりでいたと思われるのに、準決勝で敗北してしまった

 ちばあきおさんは「プレイボール」の最終回で、「墨谷の甲子園への道は遠くはない」という終え方をしています。作者が死亡したため、夏の予選をどうするつもりなのかはわからないものの、甲子園に出場させるつもりだったのではないかといわれています。

 

 プレイボール2において、墨谷高校は準決勝の谷原戦で18回にサヨナラ負けをしました。これにより、墨谷高校の甲子園出場はなくなり、谷口の夏はベスト4で終了することとなりました。

 

 原作者が甲子園に行かせるつもりなのであれば、プレイボール2は内容的に矛盾が生じることになります。読者としてはすっきりしないという方もいるのではないでしょうか。

 

 作風は変わったとしても、谷口たちを甲子園に出場させることは、最低限の義務であったように思われます。

 

 新しい対戦校が登場しなかった

 プレイボール2においては、新しい高校が登場しません。これについても不自然な印象を受けます。こちらについては、新しいチームを登場させた方がよかったのではないでしょうか。

 

 まとめ

 私としてはすっきりしない終わり方です。別の作者が書いたことは間違いだったのかもしれません。昭和の名作を汚してしまったように思います。

 

 他人の作風を第三者がまねをするのは不可能です。どうしても差が出てしまうので、そっとしておいた方がよかったのではないでしょうか。

 

 原作者が甲子園に行かせるつもりなのであれば、プレイボール2は内容的に矛盾が生じることになります。第三者が名作をいじるのはよくないと思います。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/photo4/6679833/

関連記事

  1. 課金ゲームをプレイするよりも、家庭内ゲームで遊ぼう
  2. 芸能人格付けチェック最終問題について 2:革靴は高級品で食べても…
  3. 棋士と学業の両立は難しいのか
  4. 藤井聡太7段の棋聖獲得はお預けとなった
  5. コロナで休場した玉ノ井部屋の力士の番付はどうなるのか
  6. 名人戦におけるC級2組の制度の変更
  7. 女子の高校野球が甲子園で開催されるかもしれない
  8. 夏にオススメ!ホラーゲーム3選!

おすすめ記事

鶴岡市ゆうあいプラザ

本人の思いを大切に自立を支援します ①ものづくりを通じ働く喜びを見つけることを支援します ②一人ひと…

カレッジ久留米

利用者の願やニーズ、特性に応じたサービスを提供する。利用者の主体性、 自己決定を重視し社会参加につな…

陵東館長曽根相談支援センター

事業所は、利用者等が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者等の心身の状況、その置…

『何かのきっかけで…』―焦ってしまう毎日―

何かのきっかけで…将来が不安になる。言葉では…

多機能型事業所アクティブ‘99

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者に対してサービスの提供に努めるも…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP