人生

よさそうだけどよくないもの

 

 相撲界ではちゃんこがうまくなる人は出世しないといわれています。どうしてなのかというと、ちゃんこがうまくなる=出世していないからです。十両以上になった時点で、奥さんに料理を作ってもらうようになるため、ちゃんこ番をする機会はなくなります。

 

 プロ野球界では、高校時代にバントをする人はプロになれないといわれています。(投手と捕手は除く)高校からプロになるような選手は、一番もしくはチームの主軸であることがほとんどだからです。足の速いトップバッターならまだしも、ホームランを打つような選手にバントをさせるというのはほとんどありません。星稜高校から巨人に入った、松井秀喜選手は高校時代に一度もバントをしていないかもしれません。

 

 支援機関に頼る障碍者は、うまくいっていないというのも当てはまるかもしれません。順調であるならば、誰の力を借りなくても生きていけます。困ったときに一人で解決できる力を身につけることによって、バラ色の人生が待ち受けています。

 

 支援機関に相談するデメリットとして、問題を大きくしてしまうことです。第三者は相談を解決できる力を持っていないため、かえって悪くなってしまいます。

 

 ちゃんこ番がうまくなる、高校にバント練習を良くした、支援機関によく相談しているというのは、出世のためには不要です。みかけ倒しに騙されないようにしましょう。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f5/photo/31367977793/f6632b9309/

関連記事

  1. 医者が受けない『バリウム胃がんX線検査』 – それで…
  2. プロ棋士になるのは難しい
  3. 愚痴をいわない人と親しくなりたい
  4. 他人から評価されていない人間を識別する方法
  5. パートナー、心を寄せられる人が一人ずついればいい(障碍者向け)
  6. 「共感力」は意思疎通のツールだが限界もある
  7. バリアフリー法の改正(今後の課題)
  8. 障碍者枠で働いている人に対する一般人の評価

おすすめ記事

豆のちから

ワークピア河口湖 

相談支援センター桜

利用者等の選択に基づき適切な医療、福祉、就労支援、教育等のサービスが効率的に提供されるようサービスの…

電車の居眠り運転について考える

 JR東日本で社員の居眠り運転が発覚した。 運転手の居眠りしていた時間は一五秒ほ…

ワークサポートさくら

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP