福祉・医療

障碍の種類によっては、障碍者枠であっても応募できない

 

 障碍者枠は障碍者手帳を所持していれば応募できるわけではない。今回はそのことについて記載する。

 

 ハローワークの専門援助部門に、聴覚障碍者の人が足を運んでいた。目的は企業に応募するためだった。

 

 専門援助部門の人が、志望者の障碍についての説明を行っていた。詳しいことは聞いていないのでわからないけど、耳が悪いという話だけは伝わってきた。

 

 数分のやり取りのあと、企業側からは「応募自体をお断りする」という返事をされていた。障碍者枠であるにもかかわらず、すべての人を受け入れていないことに衝撃を覚えた。配慮で対応できない方については、厳しいのかもしれない。

 

 聴覚障碍を対象にしたものの、知的障碍もターゲットになりやすいと思われる。知的障碍者は能力が低いため、一般の人よりもできることは少ない。企業への応募自体が厳しくなることは充分に起こりうる。

 

 障碍者枠であっても、程度によって区別される。ハローワークでの出来事は、現実の厳しさを大いに感じさせるものだった。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f5/photo/17292523462/0abb3e50a1/

関連記事

  1. インターネットでおすすめされている就労移行支援事業所
  2. 障碍者の生きにくさ
  3. 支援者の質を問う
  4. 発達障碍は、一般人と同じ生き方が不可能
  5. 障碍者同士であっても、分かり合えないことは多い
  6. メンタルヘルスを対象とした事業所の紹介(沖縄県)
  7. ちくま新書の「【シリーズ】ケアを考える」
  8. 精神科であったやり取り
PAGE TOP