福祉・医療

体育会系の人間は、支援員に向かないのではなかろうか。

 

 体育会系の人間は支援員に向かないのではなかろうか。

 

 筆者はこれまで、体育会系の支援員を3人ほど見てきた。いずれも自分の気持ちを優先する傾向が強いため、利用者の気持ちはおざなりになってしまっていた。厳しい上下関係の社会を生き抜いてきたことで、対人関係の基礎を学べなかったのかもしれない。

 

 知的障碍者施設において、職員が暴行事件を起こした。体育会タイプでなければ、このようなことはなかったかもしれない。体育会系の人間に福祉をさせたために、最悪の展開を招いてしまった。

 

 暴力事件には発展しなかったものの、支援員の熱血指導によって、知的障碍者が退職に追い込まれるというのを目にしたことがある。他の支援員は止めていたものの、自分の先走る感情にストップをかけることはできなかった。

 

 体育会系はいい意味では情熱系だけど、悪い意味でいうと熱くなりすぎる傾向がある。他人は変えられるわけではないにもかかわらず、どうにかしてよくしようと思ってしまう傾向が強いのは重大な欠陥といえる。他人の心は動かせるものではない。

 

 障碍者の支援員を採用する場合は、体育会を完全に除外する。これを実現することによって、障碍者支援の虐待数は減っていくと思われる。

 

*体育会系の人間自体が、時代遅れな印象を持ちます。自由を育てていく現代社会においては、癌みたいな存在といえるでしょう。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f5/photo/14783056002/32c43527f0/

 

関連記事

  1. 支援員に過度な期待をしてはいけない
  2. 短編小説 : 『縮まらない距離』
  3. 睡眠導入剤の副作用の説明
  4. 障碍者本人が主役になろう
  5. 自治体によっては、アルバイトをしながら就労移行(B型作業所)を利…
  6. 障碍者枠で就労した後の体制を考える
  7. 障碍者の生涯工賃と比べてみた
  8. 支援者と利用者のあるべき関係は一部分で崩壊している

おすすめ記事

コロニー中野

就労事業(生産活動)では、企業的手法を積極的に取り入れ障害者従業員等の処遇向上に努め、各種障害福祉サ…

街かどあぐりにしなり

生活支援センターshake「しぇ−く」

詩:『隠者の言い分』

雨戸を閉めて布団をかぶる世の中の喧噪をよそに…

草の実平岸の里

だれもが、かけがえのない個人の尊厳に基づき、その人らしく、しかも地域の一  員として生活し、幸福を追…

新着記事

PAGE TOP