福祉・医療

障碍者支援員の大半は自粛警察と変わらない・・・!?

 

 障碍者の支援員だから、「自分のことをわかってくれる」と考えている利用者は多いのではないでしょうか。

 

 筆者も昔はそう思っていたけど、実態だけで判断するなら違います。あくまでも、筆者の個人的な意見ですが、支援者は障碍者のことは一ミリも考えず、自分の価値観を伝授しようとするのです。障碍者が健常者の世界で失敗してきたことについては、完全に除外しています。

 

 上記の支援員の行動は「何かとかぶっている」と思いませんか。そう、世間を大いに騒がせた自粛警察です。自分の正義感を振りかざすために、店の営業妨害をする。マスクをしていない人に舌打ちをするといった、どうしようもない連中と同類のことをしているのです。(善意、悪意を除外すれば全く同じ)

 

障碍者の「し」の字すらわからない健常者は、いかにも正しい事であるのかを演じることしか頭にありません。障碍者を支援するつもりは毛頭もないといえるでしょう。(仮にそうでなくとも、結論だけならほとんど同じ)

 

 健常者の最大の欠点は、問題の根本を解決する能力を持っていないところにあります。そのため、やったふりを演じることしかできません。自粛警察を演じることにより、己の無能さを必死に隠そうとしているのです。

 

 障碍者にとって支援員は自粛警察でしかないと言い切るのは、語弊があるかもしれないけど、実態だけ見れば大差はありません。支援員は自粛警察でしかないという考えを持ち、主体性のある行動をとるように心がけましょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. アルコール、薬物、ギャンブル依存を脱却するための作業所もある
  2. 空気を読むのと他人の感情を理解するのは別問題【障碍者編】
  3. 健康のために、「歯科検診」を受けよう
  4. 大半のA型事業所は商売繁盛しなければ、黒字化は極めて厳しい
  5. 依存症への精神科医の拒否感は強い
  6. 障碍について【先天性と後天性の違い】
  7. 発達障碍の一部は雑学博士
  8. インフルエンザの注射を打つべきか
PAGE TOP