レジャー

2020年の日本シリーズはソフトバンクの圧勝で幕を閉じた

 

 2020年の日本シリーズは、ソフトバンクの四連勝で幕を閉じた。

 

 巨人の敗因一つとして挙げられるのは、打線が機能しなかったこと。最多三振、最少安打、最低打率の日本シリーズ記録を更新し、得点も最少タイに終わった。野球は打線が機能しないと勝てないスポーツなので、打てないようでは話にならない。

 

 打線が活発にならなかったのは、丸、岡本、坂本が軒並み不調だったから。丸、岡本については打点なし、坂本は一打点を挙げたものの、本来の調子からは程遠い状態だった。誰か一人でも調子をあげていれば、展開は変わっていたかもしれない。

 

 打線だけでなく投手陣も通用していなかった。4試合で26点を取られているようでは、勝機を見出すのは難しい。4戦目は失点を減らしていれば、最終回に逆転する可能性は充分にあっただけに、投手陣は奮起する必要があった。

 

 今回の日本シリーズで感じたのは、パリーグとセリーグの力量の差。プロ野球選手と高校生が試合をしているかのようだった。同じプロ野球選手にはとても見えなかった。

 

 パリーグとセリーグの差は2003年あたりから顕著になり始めた。セリーグは2003年からの18年間で、三度しか日本一になっていない。リーグ全体を改革していかなければ、パリーグに全く勝てなくなる日もそう遠くはない。

 

文章:陰と陽

 

画像提供元 https://foter.com/f5/photo/5845869904/e7d81dbba7/

 

 

関連記事

  1. パラリンピックで71歳の選手が出場権を獲得した
  2. 横綱の二人に注意を決議
  3. 暖冬が日常生活に与える影響(主は水不足)
  4. Jリーグの三浦知良選手が後半のロスタイムに出場(2021年3月)…
  5. テニスの全米オープンで途中棄権したジョコビッチ選手を擁護する
  6. 誰も投票したくない選挙に意味はあるのか
  7. 雇用保険の給付制限は、2020年10月1日より2ヵ月に短縮される…
  8. 【サッカー】伝説の選手、ラウール・ゴンザレス
PAGE TOP