人生

ストーカーをやめられない男の心理

 

 交際相手の女性を殺害する事件がたまに起きます。今回はストーカーになりやすい男の心理を分析していきます。

 

 優しくされたことがない(心が傷だらけ)

 

 優しくされたことがないために、ちょっとした優しさに惹かれてしまうのでしょう。傷ついているときに声をかけてくる人は、特別に感じるのかもしれません。

 

他者から必要とされることによって、改善していくと思われます。他のことでプラスになるようなことを見つけていきましょう。

 

 好き嫌いがはっきりしている(尽くしすぎる人は危ない)

 

 好きな相手に対しては愛情を捧げるものの、憎しみを持った相手に対しては攻撃しないと済まなくなります。人間としてのバランスが欠如しているといえるでしょう。

 

 被害者意識が強すぎる(加害者であることに気づけない)

 

 自分はこれだけのことをやったのに、どうして嫌われるのかわからないのでしょう。相手にとってプラスにならなければ、評価されないことは頭から抜け落ちています。

 

 一方的な対人関係であることに気づかない

 

 恋愛は双方の意思によって成立します。片方だけ好きになったとしても、恋愛成立とはなりません。

 

 満たされていない

 

 心を満たすために、ストーカーに走ってしまうのでしょう。他のことで心を満たすようになれば、欲求不満は解消されるかもしれません。

 

 自分が悪いとは思っていない(一部ではわかっているけど止められない)

 

 相手が悪いと決めつけているため、自分には非はないと思っています。精神的に未発達なのだと思います。

 情緒コントロールを苦手としているために、ストップをかけられない場合もあります。

 

 束縛が強い

 

 相手を束縛したい思いが強すぎる人は、ストーカーになりやすい傾向があります。 

 

 自分に自信がない

 

 誰かに取られてしまうのではないかという思いが強すぎて、ストーキングしてしまうのだと思います。誰にもとられたくない、失いたくないという気持ちが強すぎて、ストーカーになってしまうのかもしれません。

 

 優秀な人に多い(ストーキングに限らず特定の人に付きまとう)

 

 個人的な印象だけど、優秀な人はストーカーになりやすいです。対象は知的障碍といった自分の意見に耳を傾けてくれるような女性が多く、奴隷を求めているような印象を受けます。(当然のことながら成立しない)

 

 恋愛経験の少なさ(対人関係も含む)

 

 人とどのように接していいのかわかっていないのだと思います。これについては経験によって改善していくものと思われます。

 

・ストーカーになりそうな人のおおよそはわかります。人生を守るためにも、悪い人にはつかまらないようにしましょう。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/14ca691e446d2ae08604603dbd2cf27feb76a827

©元交際相手につきまとい、殺害する男たち…法廷でみた「被害者意識の強さ」と怒りの燃料

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 自分を基準にしたことは人の心に響かない
  2. 他人に好かれる努力をしなくてもいい
  3. 人間は生きているだけで幸せ
  4. 交際、結婚に向かないタイプ:13の特徴
  5. 出会いも実力
  6. 性格診断・心理テスト3選!
  7. 優秀な人が抱える悩み
  8. マイナスのスパイラルにストップ

おすすめ記事

きりしき共同作業所

障害者の基本的人権を守り、「完全参加と平等」・ノーマライゼーションの実現と地域における社会資源として…

Cocorport 朝霞台Office

利用者が自立した日常生活または社会生活が営むことが出来るよう、当該利用者に対し2年間にわたり生産活動…

LITALICOワークス所沢

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

さら就労塾@ぽれぽれ/横浜

地域生活支援センターえんじょい

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP