福祉・医療

精神科のケースワーカーで感じた、利点と限界

 

 精神科の一部ではケースワーカーを配置しています。利用することで、診断とは別に30~60分の話をできます。(主治医とは別)

 

 ケースワーカーからは、障碍者が何をしているのかという情報をもらえます。一人の情報収集には限界があるので、同じ障碍を抱えている人がどうしているのかを知るのは重要です。(インターネットの情報だけでは限界があります)

 

 有益な情報をもらえる一方で、健常者に障碍者の気持ちになるのは不可能だと思う一面もありました。

 

 ケースワーカーから発達障碍者が使用する、ホームページを紹介されました。サイトには障碍者の悩み、苦しみなどが書かれています。繰り返し読んでいると、同じ苦労をされているのだなと感じました。

 

 障碍者についての本をいただいたこともあります。色々な病気を抱えた方の生き方を記されていました。

 

 どちらも人としては大変ありがたいものの、大きな落とし穴が隠されていることにお気づきでしょうか。「私には障碍のことは一ミリもわからない」とギブアップ宣言をしているのと同じです。材料は与えるから、あとは自分でやってくださいになってしまっています。

 

 他の場面なら一ミリも気にならない(障碍を理解するよりも個性を認めてくれる存在で充分)ものの、精神科の対応としては?マークをつけざるを得ません。真の理解者はいないのかなと、悲しい気分になりました。

 

 発達障碍の当事者として、真の理解者と巡り合うことを願ってやみません。

 

*発達障碍に精通する支援者と巡り合うのは、不可能なのかもしれません。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者は身の丈にあった仕事を探そう
  2. 特例子会社を検討してみてはいかがだろうか
  3. 障碍者にとって健常者はクラッシャーみたいなもの
  4. 視覚障碍で事務職を目指す事業所がある
  5. 榊原哲也『医療ケアを問いなおす-患者をトータルに見ることの現象学…
  6. 障碍者事業所の方針を読んだ感想
  7. 障碍によるハンディを理解する
  8. 障碍者(他人)を支援することの難しさ

おすすめ記事

ひまわりファクトリーBon・Bon

・利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう 、就労の機会を提供し、通所により生産…

学び舎

当事業所は、利用者が自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう、障害者の日常生活及び社会生活…

世道会館

『限られた人生の中…』

人生…生きている限り…辛い事がたくさんある。…

ワークスみらい高知1(研修センターみらい/移行・B型多機能事業所

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP