福祉・医療

成人してから、発達障碍の診断を受けるということ

 

 今回は成人してから、発達障碍の診断を受けたという話を取り上げていきます。

 

  発達障碍の診断を受ける際、言語能力、記憶力、空間把握、動作性のIQを検査されます。4つの結果に基づいて、発達障碍の有無を調べることになります。

 

 発達障碍の能力の個人差はあるものの、言語能力は非常に高いというのをよく見かけます。知識レベルの高さに定評があり、オタクレベルに達している人と接したこともあります。

 

 世間ではあまり認知されていないものの、一流大学を卒業する人は発達障碍の確率が高いような印象を受けます。一般人では到達できない領域に足を踏み入れられるからこそ、超一流大学に合格を勝ち取れるのでしょう。

 

 反面、空間把握、動作性に関しては、知的障碍クラスという方も少なくありません。立体を理解できない、いわれてから行動するまでに時間を要するといった欠点を抱えています。

 

 能力のバランスに難のある発達障碍者のターニングポイントとなりやすいのは、就職活動もしくは仕事をしてからといえるでしょう。業務においては、コミュニケーション能力、マルチタスク作業といったものを求められます。発達障碍はこれらが欠如している人が多いため、ここで壁にぶち当たることになるのではないでしょうか。

 

 健常者にはないケアレスミス、同じ失敗の繰り返しといったことで評価を下げます。本人は一生懸命やっているつもりであっても、周囲からはそのように見えません。広汎性発達障碍を抱えている筆者のように、解雇通知をなされた当事者も少なくないのではないでしょうか。

 

 成人してから苦労しないように、発達障碍の診断を受けるのは早ければ早い方がいいのかもしれません。社会に放り出される年齢になってからわかったとしても、手遅れになってしまっているように思います。大学卒業後の転職歴や退職癖は残ってしまうため、未来に大きく響くことになるでしょう。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/f7d8f98fe50af66eb7f1fcde07471a8cc166a435

©早稲田政経卒「発達障害」26歳男が訴える不条理

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者(他人)を支援することの難しさ
  2. 障碍者は職場で支援員(健常者)と親しくするのは難しい
  3. 自分のやり方を模索してみよう【障碍者編】
  4. 勉強をゲーム感覚で行える発達障碍が真の一流となる
  5. 障碍者にとって健常者はクラッシャーみたいなもの
  6. 障碍者の雇用保険(失業給付)
  7. 適切な支援をする難しさ【障碍者編】
  8. 職場で様々な課題と直面する発達障碍者へのアドバイス

おすすめ記事

最低賃金は11年ぶりに据え置かれる確率が高い

 今年度はコロナウイルス蔓延の影響もあり、景気は大きく落ち込みました。倒産、解雇など…

私の家Work Space

・法令遵守に細心の注意を払い、事業運営の安定化を図る。 ・地域の社会資源として必要とされる事業所にな…

就労継続支援B型作業所 ici et la

・個人を大切にし、本人の個性を見出しより大きく伸ばす支援を  目指します。 ・利用者に対して常に最良…

匠工房 

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正且つきめの細かな 就労継続支援B型 のサービスを提…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP