人生

他人のためになることのできない、人間の特徴

 

 筆者はヤフーのコメント欄に、職場は嫌がらせ合戦、他人のために動く人間ほどろくな結果を招かないというコメントを書き込んだことがあります。

 

 ボタンを押される回数は少なかったものの、「そうは思わない」という人は0でした。ボタンをクリックしていただいた数十名の方からは、賛同を得たことになります。(日本人の心の狭さについて、書いてくださった方もいました)

 

 私は心理学者ではないので細かいことはわからないものの、自分で分析した結果を下に記したいと思います。

 

 心の穢れによるもの

 

 これは一番大きいと思います。力のない99パーセントの人間は悪事を見て見ぬふりをして、生活せざるを得ません。(個人差は大きい)

 

 他人を不幸にしてきたのに、一部分だけを切り取っていい人間を演じるのは不可能です。奇跡あたりは起こったとしても、最終的には第三者をどん底に叩き落す結果となります。

 

 いじめなどをしてきた者は末期症状レベルに達しています。話し方ひとつだけで、まともに生きていなかったのははっきりと伝わってきます。表情に出ているケースもよく見かけます。

 

 人間は改心しようとしても、天はそれを許さないことを頭にとどめておきましょう。

 

 気配りばかりを教育されたことで、本当の意味で他人をよくすることをわかっていない

 

 これも大きな要因になります。心のぶつかり合う教育をなされていないため、他人の本心の部分を勉強していません。そのような人間が大人になっていくですから、第三者をよくすることなど到底不可能なのです。

 

 気配りばかりに意識をとらわれすぎている弊害といえるでしょう。

 

 共感力の弱さ

 

   人間は基本的に自分のことしかわかりません。他人の心を察知することはできないので、やる前から失敗は目に見えています。

 

 自分基準でしか見られないので、他人のためになるのは無理です。 

 

  日常的に矛盾した感情表現によるもの

  人間は他人を不幸にして、喜びを得ることに違和感を持っていません。そういう人生を送っているうちに、知らず知らずのうちに他人を不幸にする習慣を身につけてしまったかもしれません。

 

 この手については100パーセント近い確率で、他人のしてほしくないことをやります。一生かけてもよくなることはないでしょう。

 

★4つのことがあるとはいっても、100パーセントに限りなく近い確率で嫌がらせをしてしまうのは、人間としてどうかなと思います。お金以外には一銭の価値もないといわれないよう、常日頃から鍛錬を積んでおきましょう。

 

*日本はどうして他人のやってほしくないことばかりをする人間だけになってしまったのでしょうか。 

助け合いではなく、嫌がらせ合戦に近いです。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 車の免許だけは取ろう
  2. 心だけは若くありたい
  3. 優しさとは?
  4. 目に見える形で結果を出さないと評価されない
  5. 人生は不平等だが光も差し込んでいる
  6. 欠点を誇りに思う考え方
  7. マウントを取る人からは逃げよう
  8. ストーカーをやめられない男の心理

おすすめ記事

障害者支援施設みどりの里

利用者の意志及び人格を尊重して、常に当該利用者の立場に立った施設障害福祉サービスの提供に努めるものと…

『自分を愛してみよう』―求めるだけでは、何も生まれないー

『自分を愛してみよう』―求めるだけでは、何も生まれないー文章…

Can do

「握った手を離さずに」「出来ない事を出来るようにする」…

キッチンはな

利用者の自立と社会経済活動への参加を促進するために、通所による就労や生産活動の機会を提供するとともに…

さとみ (地図不明)

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP