福祉・医療

盲(視覚障碍)・聾(聴覚障碍)者のためのA型作業所の紹介

 

 盲・聾学校卒業者と対象としたA型作業所を紹介します。(ホームページにおいては雇用契約を結んで就労が可能の見込まれる方で盲・聾養護学校卒業者や一般企業を離職した人が対象と書かれていますので事業所に確認しましょう)

 

 盲学校とは視覚障碍者向けの教育機関となります。こちらでは点字を中心に、幼稚園、小学校、中学校、高校の教育を行います。

 

 聾学校とは聴覚障碍者向けの教育機関となります。手話などを用いることでコミュニケーションを取り、学習へとつなげていきます。

 

 盲・聾学校は、1878年に京都に設立された教育機関が、日本最初の視覚・聴覚障碍者向けの教育機関といわれています。明治時代に始まり、現代においても行われていることから、歴史のある教育機関といえるのではないでしょうか。

 

 視覚障碍、聴覚障碍を抱えていたとしても、最低賃金以上のところを利用したい障碍者はたくさんいると思います。そういう方は見学してみてはいかがでしょうか。目、耳にハンデを抱えていたとしても、社会に貢献したいという障碍者の願いを叶えられるかもしれません。

 

 盲・聾学校卒業者のためのA型作業所及びホームページを掲載します

 チョボラ井万里店(佐賀県伊万里市立花町2404番地24)

 

 ホームページ

 http://www.tachibana-kai.or.jp/custom26.html

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 介護業界を目指す方が最初に取得する資格
  2. 条件付きで訓練費を支給される就労移行事業所もある
  3. 就労実績をあげている事業所の紹介(事業所は北海道)
  4. 障碍者支援の問題点
  5. 障碍者支援で当事者がよくなる確率はかなり低い
  6. 奇抜な発想が役立つ職業もある
  7. 就労移行で聞いておきたい質問
  8. 精神疾患だと免許が更新されない場合がある

おすすめ記事

企業は障害者雇用を本当はしたくない

 企業は障害者雇用を本当はしたくないのです。障碍者雇用率が政府の規定を超えないと、政…

食物アレルギーの種類は多い

 食物アレルギーの増加に伴って、食べ物には表示が義務付けられている。 アレルギー…

まかろん

就労移行支援事業を利用したが一般企業の雇用に結びつかなかった方や、働くことを希望しているが就労移行支…

就労継続支援B型事業所どんぐり

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支…

森の菜園

利用者の意思と人格を尊重し、就労の機会を提供し、個々の特性を活かして、一人の社会人としての成長と自立…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP