福祉・医療

休職中であっても条件を満たせば、就労移行事業所を利用可能

 

  以前は一般企業に就職していた場合、休職中は就労移行支援事業所の利用は認められていませんでした。

 

 現在は制度の改正もあり、条件を満たすことによって、休職中に就労移行支援事業所を利用できることもあります。(すべてを認めているわけではないことに注意)

 

 厚生労働省によると以下の3つの条件を満たした場合、休職中であっても就労移行支援事業所を利用することができます。

 

① 当該休職者を雇用する企業、地域における就労支援機関や医療機関等によ る復職支援(例:リワーク支援)の実施が見込めない場合、又は困難である 場合

 

② 休職中の障害者本人が復職を希望し、企業及び主治医が、復職に関する支 援を受けることにより復職することが適当と判断している場合

 

③ 休職中の障害者にとって、就労系障害福祉サービスを実施することにより、 より効果的かつ確実に復職につなげることが可能であると市区町村が判断し た場合  

 

*一部のみを記したので、詳しいことを知りたい場合は下記のホームページを参照にしましょう。

https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf10/syogaisisetsu/documents/q_and_a_180425.pdf  

 

 便利なシステムに思えますけど、会社に相談しなくてはならないというところは大きなネックとなります。雇用主は雇い続けていることを前提としているため、他の会社にうつりかねないシステムを了承するのは考えにくくなります。休職者の実態としては、退職してから就労移行を利用する方が大半を占めているようです。

 

 実際に使えるはどうかはわからないものの、制度そのものだけでも頭に叩き込ませておきましょう。

 知識として吸収しておくだけで、選択肢は広がっていきます。

 

*制度は変更されていくので、時代に乗り遅れないようにしましょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. メンタルヘルスを対象とした事業所の紹介(沖縄県)
  2. 障碍について理解を深めると
  3. 障碍者はいじめに遭いやすい
  4. 厚生年金の加入拡大
  5. 車椅子の使い方
  6. マシンガントークの傾向がある人
  7. 特例子会社を検討してみてはいかがだろうか
  8. 障碍者が会社で居場所を確保するためには

おすすめ記事

就労・支援事業所 あすなろ

法人の理念及び倫理綱領に基づき利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう就労の機会を…

地域支援センターゆい

知的障害のある人の地域生活全般について関係機関と連携しながら幅広く支援を行います。…

就労継続支援事業所 厨

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者総合支援法に規定する者に対して就労…

ほほえみ工房

天才と障碍は紙一重

 天才と障碍は紙一重といわれる。 この見解については個人的に間違っていないと思う…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP