福祉・医療

失語症の人が通所するB型作業所の紹介

 

 精神障碍、知的障碍、発達障碍などを対象とした障碍者事業所は多く存在します。一方で視覚障碍、聴覚障碍者などを対象とした障碍者事業所は非常に少なくなっています。(サポートの難しさから、支援に乗り出さないものと思われる)

 

 今回は稀有と思われる失語症の障碍者を対象とした、B型作業所を簡単に紹介していきたいと思います。

 

 失語症とは高次脳機能障害の一種で、脳卒中などにかかり、読む、書く、聞く、話すといった部分に支障をきたすことをいいます。程度はそれぞれによって異なり、長い話をできる障碍者(何をいっているのかはよくわからない)も存在するようです。

 

 作業所においては教材を利用者で作って、全国的な販売を行っています。カレンダーといった日常的なものから、失語症ならではの商品も含まれています。

 

 失語症であっても、社会に貢献してみたい。そう思う方は、事業所を一度見学してみてはいかがでしょうか。福祉施設を利用することで、誰かの役に立てると思います。

 

失語症の人を対象とした障碍者施設を下記に記します。

 パソコン工房ゆずりは(東京都杉並区1-20-15)

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. パートナー、心を寄せられる人が一人ずついればいい(障碍者向け)
  2. 障碍者が働く(就職活動をする)ときに気をつけるポイント2
  3. 就労移行の就職率は充分といえるのか?
  4. 障碍者支援の矛盾
  5. 人間の苦しさの大半は自業自得
  6. 障碍の診断を受け入れる勇気をもとう
  7. 自分の幸せすらわからない支援員が、他人を幸福にするのははなっから…
  8. 職場で様々な課題と直面する発達障碍者へのアドバイス

おすすめ記事

よつ葉

利用者の立場に立った適切な指定就労継続支援A型の提供を確保することを目的とし、利用者が自立した日常生…

就労サポートありんこ

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するため「基本的人権を享有する個人としての尊厳」を職員全員…

ぶろーど

本事業所では、利用者に対して障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく就労継続…

就労継続支援B型事業所サクラ

『仲間』―それぞれの道に進む仲間との約束―

最高の仲間と過ごした日々は…かけがえのない思い出。&nbsp…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP