福祉・医療

視覚障碍者向けのB型作業所の紹介

 

  視覚障碍者向けのプログラムを組んでいる事業所は多くありません。知的障碍、発達障碍、精神障碍などと比較すると支援体制は整っていないといえるでしょう。

 

 前回は視覚障碍者向けの就労移行について取り上げましたが、今回は視覚障碍者を対象としたB型作業所について記していきたいと思います。

 

 主な業務として書かれているのは、視覚障碍者の読み書きする点字(文字)の入力、点字印刷、製本などのようです。点字・点図などの製本も行っているようです。視覚障碍者でパソコンを勉強したい、オリジナル作品を作ってみたい人などを対象としたプログラムを組んでいます(他にも業務はあるので、事業所に聞きましょう)。

 

 就労実績もあり、マッサージでは45年で100人の視覚障碍者を送り出しているようです。就職の難しい障碍であるだけに、支援員は力を入れていると思われます。

 

 視覚障碍者で興味を持った方は、一度見学してみてはいかがでしょうか。新たな活路を見出せるかもしれません。

 

*障碍者の事業所名をあげます。

チャレンジ(東京杉並区)

 現在は視覚障碍者以外も受け入れていると書かれているので、他の方も利用できると思います。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 精神科の初診時にすること
  2. A型作業所に通う場合の注意点
  3. 障碍を打ち明ける難しさ
  4. 年収204万以上であった場合、就労定着支援も利用料がかかる
  5. 「共感力」は意思疎通のツールだが限界もある
  6. 障碍者の生涯工賃と比べてみた
  7. 感謝の気持ちを持とう【障碍編】
  8. 高齢者の就職支援を静岡県で行っている

おすすめ記事

『全て失っても』―失うことになってももう戻せないー

もうどうでもいいと思った瞬間…今までの人生を……

就労支援センター グッジョブ

ワークサポートセンターFour-leafくろーばー

私たちは、障害者福祉の仕事を微力ではございますが、経験してまいりました。いろいろな障害者福祉の仕事を…

ウェローワークス

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会を提供す…

有限会社しぇあーど

利用者様が日常生活における基本的動作及び知識技能を習得し、並びに集団生活に適応することができるよう事…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP