福祉・医療

パワハラまがいの支援員を職場から消す方法

 

 障碍者にパワハラまがいのことをする支援員はどこにもいます。問題を起こす人間を職場から高確率で消す(居場所をなくする)方法を書いていきます。

 

 直属の上司に相談しても解決しないと思われるので、福祉センターなどに足を運びましょう。運営の許可を出している強いところに、パワハラの実態を訴えることで会社としては動かざるを得ない状況を作り出すのです。(ボイスレコーダーなどに記録を残さないと証拠にならないので、声を絶対に録音しましょう) 

 

 利用者と接するのを完全にやめたら、職場放棄をしている支援員がいると話をしましょう。利用者と接してもダメ、接しなくてもバツという状況を作り出すことによって、職場から居場所をなくしてしまえばよいのです。

 

 上記の話を簡単に示すと以下のようになります。

 

 パワハラする支援員を訴える→声をかけに来なくなる→業務放棄といいにいく→パワハラまがいのことをする→パワハラで支援員を訴える・・・・・・

 

 延々とループさせていけば、職員としていずれはいられなくなるでしょう。こちらの手を汚すことなく、パワハラ人間を消すことができます。(こちらに非を残すようなやり方はNGなので、線引きはきっちりとしましょう)

 

 障碍者支援というのは障碍者が主役となる場所です。パワハラをする(支援員として適さない)人間のいるところではありません。障碍者のためにならない人間は容赦なく排除していきましょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者の働くうえでの苦悩
  2. 個性の強い障碍者に読んでほしい、志村けんの名言
  3. 障碍をプラス、マイナスに取りやすいパターン
  4. E型肝炎ウイルス(HEV)は死ぬ事もある怖い病原体
  5. 居心地を良くしたい利用者同士の会話
  6. 障碍者は常に理不尽を強いられる
  7. モラハラ、パワハラで障碍者の雇用形態に変化をもたらす
  8. 障碍者の多くは距離感を改善した方がいい

おすすめ記事

フルスマイル

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利用者を雇用して就労の機会を提供する…

『卒業』―悲しみは、笑顔になれる魔法―

卒業は…別れじゃない。新たに出会える…&…

ステップワーク

利用者と雇用契約を締結し,障がい者に対し就労の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行う。利用者の…

ピアサポート兵庫

ピア・サポートかだん

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適正かつきめの細かな就労継続支援のサービスの提供をしま…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP