福祉・医療

インターネットでおすすめされている就労移行支援事業所

 

 就労移行支援事業所を利用したからには、就職を必ず成し遂げたいと考えているのではないでしょうか。

 

 就労移行の全体の就職率は、27パーセント前後にとどまっています。4人に3人は就職できていない悲しい現状があります。障碍の種類などで就職は難しい当事者もいるとはいえ、充分とはいえないのではないでしょうか。

 

 頭に叩き込ませておいていただきたいのは、30パーセント前後の作業所は一人も就職者を出していないということです。己の利益のためだけに、利用者の権利を食いちぎる詐欺まがいの就労移行もあちこちに存在しているのが実態です。2年間を無駄にしないためにも、就労移行支援事業所はきっちりと選びましょう。

 

 インターネットでおすすめとなっている、就労移行支援事業所を掲載されているサイトを発見しましたので、あげさせていただきます。あなたの近くにあるならば、利用してみてはいかがでしょうか。(おすすめの一つに上がっている、リタリコはあちこちで運営されているので、見つけやすいのではないでしょうか)

 

https://asunaroukun.net/work-transition-support/recommended-work-transition-support-for-persons-with-disabilities-in-the-tokyo-metropolitan-area/

©【おすすめ就労移行支援ランキング】本当に失敗しないのはこの4つ

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 小説:『知的障碍を発症した女性は、入院先で少女と出会う 上』
  2. 健常者は障碍者にベターを目指せといいながら、やっていることは全く…
  3. メンタルヘルスを対象とした事業所の紹介(沖縄県)
  4. 視覚障碍者向けのB型作業所の紹介
  5. 上司に不向きな人
  6. ダン・ショート、ベティ・アリス・エリクソン、ロキサンナ・エリクソ…
  7. 障碍者枠はブランクよりも能力を重視することもある
  8. 『統合失調症』と薬物療法
PAGE TOP