福祉・医療

視覚障碍で事務職を目指す事業所がある

 

 視覚障碍は障害の程度により、1級~6級まで区分されています。視野範囲、視力などに基づいて決定されます。

 

 視覚障碍と認められる6級は、良い方の視力が0.3~0.6、悪い方の視力は0.02以下とされています。片目はそれなりに見えたとしても、もう片方の目はほとんど見えていない状態といえるでしょう。

 

 視覚障碍者の就職先は鍼灸マッサージ、プログラマ、図書委員、医師、音楽家などがあげられます。専門職もしくは目をあまり使わない職業に限定されている印象を受けます。視覚障碍は就職にあたって大きなハンデを抱えているといえるのかもしれません。

 

 視覚にハンデを持っていたとしても、事務職としての就労実績はあるようです。パソコンを使用する作業は不可能と思っていただけに、驚きを隠せません。

 

 視覚障碍を持っていても事務職に挑戦したい、その夢をかなえようとする障碍者事業所も存在します。目の見えないハンデを抱えていても、事務職に就きたいのであれば見学してみてはいかがでしょうか。

 

 どのようなプログラムを組んでノウハウを学んでいくのかに大いに興味を持ちました。時間に余裕があれば見学してみたいと思います。大きなハンデを抱えている人たちの懸命に頑張っている姿を見ることで、大いに勇気づけられると思います。

 

*今回は視覚障碍者向けプログラムを組んでいる事業所を一つだけあげます。(他にもあると思います)

・東京ワークショップ(東京新宿区) 

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 職場で適応障害を発症する人が増えている
  2. ショートショート『天才を採用した末路』
  3. 障碍者は口だけにならないように
  4. 障碍者が一般会社で働く難しさ4
  5. 障碍者支援は「営業事務職」の側面が強い
  6. 障碍者との勤務に賛成か反対か
  7. ハローワークにおける担当者と障碍者の意見の食い違い
  8. 健常者と障碍者はlose-loseの関係になりやすい

おすすめ記事

休むことなく、働き続ける髭

 髭をそるのは面倒くさい。 ムダ毛に限ってどうして生命力が高いん…

就労継続支援施設キュアポート

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

輪くる

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、当該利用者を雇用して就労の機会を提供する…

エフピコ愛パック株式会社福山工場

この事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者を雇用…

ウィル

一人ひとりの障がいにおける、社会生活上のハンディまたは支援を必要とする現実に目が向け、ノーマライゼー…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP