エンタメ

加藤一二三九段の最年長記録を更新できるのか

 

 藤井聡太棋聖による活躍の目覚ましい将棋界において、最高齢記録に挑戦しようとする棋士がいるので取り上げていきたいと思います。

 

 桐山清澄九段は72歳で現役の最高齢棋士となっています。あと5年~6年現役を続行すれば、加藤一二三九段の持つ最高齢記録を更新できます。

 

 桐山九段は第78期名人戦のC級2組で、三つの降級点を喫することになりました。既に60歳以上であったため、他の棋戦で優秀な成績を収めていなければ引退となります。(加藤一二三九段は他の棋戦においても、一定以上の成績を収められずに引退しました)

 

 桐山九段は竜王戦において、現役続行の条件となる5組に在籍しています。残留もしくは昇格すれば、現役を続けることができます。(降格した場合は引退)

 

  桐山九段は5組の初戦で敗れたものの、残留決定戦に勝利しました。これにより来季も現役を続行することとなりました。来季は竜王戦に限り、将棋を指すことになります。(他の棋戦は優秀な成績を収められなかったため、参加権を失った)

 

 竜王戦の5組で優勝することで、本戦に進出できます。年配であってもやれるというところを見せてほしいと思います。タイトルを取った暁には、日本中でフィーバーが湧き上がるかもしれません。(現在の最高齢タイトル獲得は53歳)

 

*優秀な成績を収めた弟子として、豊島竜王・名人がいます。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 仕事のヒントになるサイト
  2. 棋士と学業の両立は難しいのか
  3. Jリーグについての簡単な説明
  4. 道具による新記録は好ましくない
  5. 野球にはスイッチピッチャーもいる
  6. 才能のある障碍者は、藤井聡太新棋聖のような生き方を目指してみよう…
  7. 親殺しのパラドックスについて素人が考えてみた。
  8. 藤井聡太7段の棋聖獲得はお預けとなった

おすすめ記事

夢つむぎ就労支援センター

通所による就労や生産活動の機会を提供するとともに、一般就労に向けた知識、能力が高まった者について、一…

アルパ

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む事ができるよう障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援す…

Esporte

第2ミロー

役人は庶民を法律で縛る

 日本では民主主義国家が作られるまでの間、権力者にとって都合のいい法律がたくさん作ら…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP