時事問題

リンゴの一個当たりの価格が、一部の桃を上回る異常事態

 

  近所のスーパーで、1個98円で販売されていたリンゴが258円まで上昇。安値をつけていた頃から、2.5倍以上に跳ね上がっていることになる。

 

 リンゴの急激な値上がりは、コロナウイルス、自然災害の影響を受けているものと思われる。流通が不安定になったため、市場価格の高騰につながったのだろう。

 

 桃の値段に変化はなく、特売になると2個398円、通常価格は2個で498円となっている。どちらの値段であったとしても、りんごよりも安い値段で売られていることになる。桃の価格がリンゴを下回る事態は想定していなかった。(2個で680円の桃などは例外といえる)

 

 リンゴの流通がさらに不安定になれば、1個あたりの値段が300円に突入するのも現実味を帯びてくる。家庭のデザートとして並んできた果物は、一時的であったとしても手に届かない存在になっていくのかもしれない。

 

 ホウレンソウ、キャベツなども高騰している。こちらの値段も家計を脅かすレベルに突入するのは時間の問題といえそうだ。

 

 果物、野菜の高騰によって、家庭の食卓に並ぶ食材に影響を及ぼしていく。自然、疫病の怖さをまざまざと見せつけられることとなった。人間はいつの時代になっても、自然や疫病には勝てないのかもしれない。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 10万円を支給する方向で調整が進んでいる
  2. 他人との距離を取る人の心理
  3. 100円ショップの『パンク修理セット』 – それだけ…
  4. インターネットにおける、コメント欄の是非を問う
  5. インターネットカフェの便利な利用法
  6. 雇用保険の給付制限は、2020年10月1日より2ヵ月に短縮される…
  7. しつこい男は嫌われる
  8. 路線バスの低迷で地方の足が消えていく

おすすめ記事

とーもす北広島

アイラブ福祉研究所 

事業者(事業所を運営する者。以下同じ。)は、ご利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができる…

福祉作業所 豊住園 

指定就労継続支援B型の実施に当たって、事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができ…

LITALICOワークス川崎駅前南

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

株式会社トリノ

(運営の方針) 1  この事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことがで…

新着記事

PAGE TOP