就労

仕事をできることに感謝したい

 

 コロナウイルスによる不景気によって、失業する人が増えています。厚生労働省の集計では解雇・雇止めで仕事を失った労働者は26000人を超えているようです。

 

 失業者の内訳は宿泊、飲食、観光といったサービス業が多くなっています。外出自粛の影響を受けたといってもよいでしょう。

 

 都道府県別では。東京、大阪といった首都圏に集中しています。元々の人口が多いため、失業者にも表れたのだと思います。

 

 上記は集計の取れた人数であり、実数はもっと多いかもしれません。10万人、20万人が失業していてもなんら不思議ではないでしょう。

 

 解雇・雇止めにならなくとも、出社回数を大幅に減らされた方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか。インターネットにおける書き込みでは、月に2回しか仕事をもらえなかったというのもありました。こういう人は仕事をしているため、失業者には含まれていないようです。仕事できたとしても、生計は成り立たない人も多数いると思われます。

 

 コロナの第二波、第三波がやってくれば、失業者、生活苦に陥る人はさらに増えることになるでしょう。ウイルスは人間界を内側から破壊しようとしています。

 

 皮肉かもしれないけど、コロナウイルスは働けるありがたみを教えてくれました。労働者は仕事に感謝しながら、取り組むとよいかもしれません。

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/57e4a7c357bdbc2e0fc00061a0a4b5f4cf5f5281

©解雇・雇い止め、2万6千人超 19日時点、厚労省集計(共同通信) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 暖冬が日常生活に与える影響(主は水不足)
  2. コロナを悪意で撒き散らす人間は逮捕、収容してほしい
  3. コロナウイルスが陽性だと言いふらす男性
  4. 感染症予防対策のため、通院せず電話診察を行った
  5. 私の父は電車の運転手をしていた
  6. オリンピックの一部競技の開催場所が変更される
  7. グレタさんの活動の是非を問う!?
  8. 高齢者は今すぐ、免許返納しろ!!車を運転するな!!

おすすめ記事

エスプリドラフォレ

特定非営利活動法人結が障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づき設置するエスプ…

医療法人西浦会 地域生活支援センター シュポール

1.指定一般相談支援サービスは、利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立ちながら、利用者が…

エール近鉄八尾

 事業所は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、当該利用者に対して、2年間…

社会は多数派のためにある

 社会では健常者と障碍者と呼ばれる人たちが生活を送っている。 健常者と障碍者の定…

JOCA×3

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP