就労

優秀な人はトップには向くけど部下には向かない

 

優秀すぎる人は会社のトップには向くけど、部下には向きにくい性質をもちます。どうしてなのか、以下にまとめていきます。

 

トップ、部下で求められているものの違い

 

 トップは色々なアイデアを考える立場(新しいものを発明する)なのに対し、部下はいわれたことをきっちりと行うことを求められます。職場において求められている部分は異なります。

 

 優秀すぎる人は新しいアイデアを出す(会社を変える)ことには向いているものの、会社は基本的に変化を好まないという現実があります(安定を求める)。内部構造を一新しようとするものは、裏切り者として告発されることになるのを歴史が証明しています。本来は長所に働くはずの能力に苦しめられているのです。

 

性格的な問題

 

 優秀な人間は自分の我を押し通しすぎる傾向もあるため、チームワークを求められる作業には向きません。トップでない限り、高評価を得られることはないでしょう。

 

 優秀な人のストイックさも減点材料となります。一般人はロボットみたいには動けないため、優秀な人間の行動に恐怖を感じるでしょう。

 

仕事に満足できない

 

 与えられた仕事を淡々とこなすことに、優秀な人間は不満を覚えるようになります。会社の業務への興味を次第に失っていき、最終的に独立への道を歩むことになります。

 

会社のバランスを悪くする

 

 日本の会社の構造は基本的にピラミッドになっています。優秀すぎる人間はピラミッドからはみ出てしまうため、会社で孤立することになります。

 一人の特殊な人間によって、バランスを悪くされるのを会社は極端に嫌います。

 

自分のスキルを生かせないことへの不満を感じる

 

 優秀な人は一般人ではできないような特殊スキルを備えています。自分の価値を見出せないような仕事では、欲求不満をためていくことになります。

 

上司や同僚が無能だと思えるから

 

 広辞苑の内容を読解するなどの特殊スキルを持っていると、上司の能力は低く見えてしまいます。何も得るものはないと考えるようになり、次第に距離を取っていくこととなります。

 

・今回は優秀な人間について取り上げました。次回は健常者の話をしていきたいと思います。

 

文章:陰と陽

 

 

 

関連記事

  1. 一般人は社会を維持する適正はあっても、開発などには向かない
  2. 政府が補助金を全額カットした場合、A型の65パーセントは倒産する…
  3. 同僚との飲み会は必要なのか?
  4. 障害のある方でも福祉関係の仕事で働けるのか⁉
  5. 若い時には楽しい面があった会社
  6. 退職の決め手は社内の空気
  7. 仕事をしたことで苦手を克服していた!
  8. 就職に学歴は必要か

おすすめ記事

TEAM VILLAGE

のうさぎ

利用者の働く喜びと能力を最大限に引き出せれるよう充実した作業を提供する…

LITALICOワークス枚方

人は働くことを通じて、誰かに必要とされることで心が元気になり、もっと良い人生を送りたいという意欲が生…

コミニュティワークショップキャン

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、就労の機会を提供するとともに生産活動その…

キングコング

1)当事業所は、利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から必要な訓練及び職業の…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP