就労

一般人は社会を維持する適正はあっても、開発などには向かない

 

一般人は社会を維持する適性はあるものの、トップとして会社を大きくする、一流になる、開発(身近なものを除く)するのには向いていません。どうしてなのかを説明していきます。

 

才能がない(健常者の脳では本物になれない)

 

 天才は人間としての能力を有するだけでなく、努力しようとする才能も長けています。能力だけならまだしも、努力も劣っている一般人では一流になることはできません。

 

 天才などは自分の力で開拓する能力を持っているものの、健常者はとりあえずやったというポーズをしています。(できていないのにやったと思い込ませることしかできない)形式上の処理能力のみを有する人間に、真の世界など構築できるはずもありません。

 

広辞苑に書かれているようなことを頭で理解できない

 

 開発するタイプとして、研究者、医療、博士といった職業があります。これらの仕事を目指す場合は特殊な脳を要求されるために、健常者の脳では内容を理解する段階で行き詰ってしまいます。

 

 他のことについても同じことがいえます。ほどほどのことはできても、一流になる素質は備わっていません。

 

一つのことに打ち込めない(途中で飽きる)

 

 健常者は続けていくうちに徐々に飽きてしまいます。研究者、開発者のように一つに打ち込むことはできません。

 

 超一流の才能を要する人間が、継続することでものにしていきます。健常者は飽きる時点で、道から踏み外れてしまっています。

 

トップとしてやっていくだけの素質はない(部下をうならせないとついてこない)

 

 トップを維持するためには、部下をうならせる必要があります。ごくごく平均的なものしか持っていないタイプでは、他人はついていかないでしょう。

 

 部下のできることを一つでもできなかった場合、バカにされるようになる確率は高いです。会社のピラミッドを維持できない人間に、トップとなる資格はありません。

 

 維持する側の人間が上司になった場合、基本的に会社の統率は取れなくなります。部下を黙らせるだけの能力を身につけられないのであれば、出世しない方が自分のためといえるでしょう。

 

文章:陰と陽

 

 

関連記事

  1. ハローワークに配置されたサポーターの是非
  2. 企業は障害者雇用を本当はしたくない
  3. 支援者(健常者)は利用者(障碍者)に無理を強いることが多い
  4. 仕事をできることに感謝したい
  5. 退職エントリというサイトがある
  6. 仕事は頑張りすぎないことで長続きさせられる
  7. いじめは障碍者の継続年数に影響を及ぼすのか
  8. 仕事で一番「理不尽」を感じたこと

おすすめ記事

カウンターファクトリー

就労継続支援A型事業所プレッソ

支援あみーご

障害者生活支援センター結

1.利用者の意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場にたったサービスの提供に努めます。 2.利用者がそ…

ワークセンターやすぎ

通所による雇用契約等に基づく就労の機会を提供するとともに、一般就労に向けた知識、能力が高まった者につ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP