福祉・医療

違和感のある支援者の発言

 

 障碍者の支援者の発言に対して、違和感を持っている当事者は多いと思います。

 

 今回はこれはないと思った発言をリストアップしていきます。

 

僕(私)も同じだから

 

 頻繁に使われる言葉ですけど、同じということはあり得ないでしょう。健常者のやることを全部こなせるのであれば、障碍者枠での就職を目指す必要はありません。

 

 共感意識を持たせたいのでしょうけど、逆効果になる確率が圧倒的に高いです。身近な例にたとえるなら、正社員が非正規社員に待遇は同じだよといっているようなものです。

 

 他人のことを根本から理解するつもりすらないのかもしれません。

 

できるようになると思う

 

 コンスタントにできるのであれば、最初から一般枠で就職しています。現実を見ていない支援者なので、深い話をするのは避けましょう。人生を棒に振る要因にもなりかねません。

 

 無責任極まりないタイプである確率も高いので、人間としてもどうなのかなと思うレベルです。

 

障碍者の価値観を否定する(生き方を否定する)

 

 人間の生き方はそれぞれなのに、健常者の生き方を正しいと思い込んでいるタイプです。支援機関でこのような人間と対峙したなら、関係を切ってしまいましょう。

 

 確率としては非常に高く、障碍者を孤立させる要因となっているといえるでしょう。 

 

*大半の健常者(支援者)は仲間ではなく、敵に分類されるのかもしれません。本当に信頼できる人だけを探し当てて、そういう人とだけ関わっていくようにしましょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. A型で在宅勤務を取り入れている作業所もある
  2. 法定雇用率は低すぎる
  3. 障碍者支援で思うこと
  4. ハンデを抱えたことを嘆かないように(ピアノ)
  5. 障碍者が一般会社で働く難しさ6
  6. 天才と障碍は紙一重
  7. 誰にも長所はある【障碍者編】
  8. 作業療法士について(福祉の資格)

おすすめ記事

ラ・レコルト茨木

利用者様が自立した日常生活または社会生活を営む事ができるよう、2年間にわたり、生産活動その他の活動の…

NPO法人夢ハウス

障害者総合福祉法に基づき、忠実かつ厳正なサービスを行う。理念:自立・共生・融和…

慈愛福祉学園

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供…

クイーンハイツ平岸

関係法令を遵守し、他の社会資源との連携を図った適性且つきめ細やかな就労継続支援B型のサービスの提供を…

さざなみ第二作業所

てんかんや精神障害、知的障害がある人たちの働く機会と権利、並びに社会参加を保障することを目的に、作業…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP