福祉・医療

違和感のある支援者の発言

 

 障碍者の支援者の発言に対して、違和感を持っている当事者は多いと思います。

 

 今回はこれはないと思った発言をリストアップしていきます。

 

僕(私)も同じだから

 

 頻繁に使われる言葉ですけど、同じということはあり得ないでしょう。健常者のやることを全部こなせるのであれば、障碍者枠での就職を目指す必要はありません。

 

 共感意識を持たせたいのでしょうけど、逆効果になる確率が圧倒的に高いです。身近な例にたとえるなら、正社員が非正規社員に待遇は同じだよといっているようなものです。

 

 他人のことを根本から理解するつもりすらないのかもしれません。

 

できるようになると思う

 

 コンスタントにできるのであれば、最初から一般枠で就職しています。現実を見ていない支援者なので、深い話をするのは避けましょう。人生を棒に振る要因にもなりかねません。

 

 無責任極まりないタイプである確率も高いので、人間としてもどうなのかなと思うレベルです。

 

障碍者の価値観を否定する(生き方を否定する)

 

 人間の生き方はそれぞれなのに、健常者の生き方を正しいと思い込んでいるタイプです。支援機関でこのような人間と対峙したなら、関係を切ってしまいましょう。

 

 確率としては非常に高く、障碍者を孤立させる要因となっているといえるでしょう。 

 

*大半の健常者(支援者)は仲間ではなく、敵に分類されるのかもしれません。本当に信頼できる人だけを探し当てて、そういう人とだけ関わっていくようにしましょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 事業所ごとの就職人数の掲載を義務化してほしい
  2. 障碍者の多くは距離感を改善した方がいい
  3. 脳卒中の方のための福祉事業所がある
  4. 発達障碍プロジェクト(発達障碍者向けサイト)
  5. 障碍者支援とは障碍者を論評するだけの場になってしまっている
  6. 障碍者、健常者は信頼し合えるのか
  7. 医療関係者は国家試験に合格する前提で採用されている
  8. 精神安定剤の服薬をやめよう

おすすめ記事

障碍者支援員は考えるのを苦手とする

 「障碍者支援員は分かってくれない」と考えている障碍者は多いのではないでしょうか。…

支援センターひえだ

利用者様がその有する能力及び適性に応じて、自立した日常生活及び社会生活を営むことができるように支援し…

指定就労移行支援事業所 障害者ジョブサポーター Work Step

障害者に対し生産活動その他の活動の機会の提供を通じて、就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓…

キズキビジネスカレッジ

ヒマワリホーム

利用者の有する意思及び能力に応じて、就労の場を提供し、生産活動を通じて知識及び能力の向上を目指し、自…

新着記事

PAGE TOP