福祉・医療

精神科であったやり取り

 

  精神科で実際にあった話を取り上げていきます。

 

 受診の最中にドクターに支援員の考え方について話をしました。私のためにいったのか、本音でいったのかはわかりませんけど、信じられないといっていました。

 

 どうしてそのような展開になったのかというと、支援者の思考は障碍の当事者にとってふさわしくないものだったからです。(障碍によって異なるので、一概にはいえないことに留意したい)

 

 できることを増やせといいますけど、障碍者手帳を取得している人間には限界があります。仮によくなったとしても、脳に無理を働かせているために高確率でメンタルを壊します。できなかった、ごまかせるようになったのどちらになったとしても、心身に不調をもたらすのは避けられません。

 

 健常者の中で常識であったとしても、障碍者にとっては異なることもあります。支援者はそれを無視したかのような発言を連発しています。今回はあまり時間を取れなかったので、次回に支援者の話した内容をまとめて、ドクターに渡そうかなと思っています。どのような対応をなされるのか、注視していきたいです。

 

 障碍者にとって適切だと思えるやり方をわかってくれる、そういう主治医と巡り合えたことはよかったと思います。

 

*90パーセント以上の支援者は健常者(一般論)のやり方しかいいません。当事者として無理だと思ったら、遠慮なく支援機関との連携を断ち切ってしまってもよいと思います。上司も話を合わせられないと思ったら、仕事のやり取り以外は口を利かないというのも選択肢に入れていいと思います。書類の手続きをするための存在(障碍者の働き方を教えてくれるだけ)と割り切るのも重要ではないでしょうか。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. ミライロID(障碍者向け)というシステムがある
  2. 障碍者のバスの恩恵範囲が広がった
  3. 榊原哲也『医療ケアを問いなおす-患者をトータルに見ることの現象学…
  4. 障碍をプラス、マイナスに取りやすいパターン
  5. 障碍の診断を受け入れる勇気をもとう
  6. 重度障碍者が国政の場で働く
  7. 自分の生き方を貫けるのは才能のある障碍者だけ
  8. 年収204万以上であった場合、就労定着支援も利用料がかかる

おすすめ記事

エル・フォー

光栄会 総合相談支援センター ぷりずむ

利用者が自立した生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者との常時の連絡体制を確保し、利用者に対…

就労移行支援事業所オルタ八乙女

(目的)一般就労に向けて、通所による就労体験の機会を提供し、一般就労に必要な知識・能力が高まる職業訓…

地域作業所かがやき

誰もが自分にあった働き方をしようという理念を基に、健康で自分らしく輝けるように仲間と共に歩んでいきま…

つるたみ

新着記事

  1. 病苦
PAGE TOP