福祉・医療

精神科の口コミ情報はあたっているのか

 

  精神科の口コミは当たっているのか、今回はそのことについてお話します。

 

 通院していない病院のことはいえないので、9年間ほど罹っている精神科を対象とします。

 

 下記に精神科における口コミを記します。

 

・医療をビジネスにしか考えていない

 私はわかりませんけど、そういう医師もいるのではないでしょうか。口には出さないけど、お金のためにやっているのは間違いないと思います。

 

・被害妄想が強すぎる人は通院するのをやめよう

 完全に図星です。一人の看護師が通院中、電話応対した患者の欠点を重箱のようにつついています。障碍で似たような傾向のある神経質な人は、通院しない方が良いと思います。

 

・患者に対して高圧的

 俺が見てやってるんだぞという医師は少なくないと思います。精神科に限ったことではなく、医師は患者を下に見るのはよくあることです。

 

・医者によって異なる

 相性の良い、悪い医者は確実に存在します。これについては病院、医師を変えるなどして対応していけばよいのではないでしょうか。精神科に限ったことではないと思います。

 

・話を理解してもらえなくてストレスを蓄積

 障碍者は健常者などに悩みを理解してもらえないと思うことは少なくありません。これについては自然な意見ではないでしょうか。私も話が通じないと思うことはよくあります。

 

・男と女によるもの

 女性ならいいけど男性はダメ、男性ならいいけど女性はダメというのはありえそうです。

 

・偽の診断をつけられた。

 私は遭遇したことありませんけど、ビジネスのためにそのようにする医師は多いのではないでしょうか。日本の90パーセントの医者は病気を完治させるつもりはないといわれています。

 

 他の病院の口コミについても検索をかけてみようかなと思います。

 

 話を理解してもらえなくてストレスを蓄積するのは、障碍者と健常者においては頻繁にあります。価値観があまりにもかけ離れすぎているため、その部分の解決は難しいと思われます。

 

 患者に覚えておいてほしいのは、自分の意見を完全に聞いてくれる医師=良い医師ではないということです。ときには頭の痛くなるような発言もあるけど、当人のために行っているのかもしれないという発想を持ちましょう。 

 

*今回は一例です。他の病院であてはまっているかはわかりません。 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 職場で適応障害を発症する人が増えている
  2. 支援者の質を問う
  3. 障碍者は職場で支援員(健常者)と親しくするのは難しい
  4. 障碍者雇用の基礎
  5. 薬の副作用は薬効成分以外にも原因がある
  6. 就労移行支援利用(障碍者向け)を考えている方へ
  7. 睡眠導入剤の副作用の説明
  8. 土曜や日曜にデイケアを利用してみよう

おすすめ記事

さんふらわあ筑後

利用者と雇用計画を締結し、障害者に対し就労の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行う。…

えーる油山

働く環境づくり 地域福祉 家族支援 財務の安定…

ポニーランド長崎

利用者が自立した日常生活叉は社会生活を営む事ができるよう、就労の機会を提供すると共に通所により生産活…

あすなろの家

利用者それぞれがご自身のペースで通ってください。…

相談支援事業所みるく

この事業所が実施する事業は、利用者又は利用者の保護者の意思及び人格を尊重し、常に当該利用者の立場に立…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP