健康

初診のオンライン診察解禁(精神科のサイト付き)

 

  コロナウイルスの影響を受け、オンラインを使用した初診診察が期間限定で解禁されました。

 

 オンライン診察は遠隔治療とも呼ばれ、インターネットにおいて診察を行う制度です。患者がリアルタイムで行う、不在であっても行える二つの形式が存在します。

 

 使用する道具はパソコンもしくはスマートフォンです。後者は近年に開発され、実用化されるに至りました。

 

 オンライン診察の手順を以下に示します。

1.対面診断

2.オンライン診察による予約受付

3.オンライン診察

4.会計

5.薬、処方箋配送

 

 今回は1の部分が省略され、初診時もオンライン診察が受けられるようになります。

 

 厚生労働省におけるオンライン診察におけるホームページを掲載しますので、詳しいことはそちらを参照してください。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/rinsyo/index_00010.html

©オンライン診療に関するホームページ|厚生労働省

 

 オンライン診察は僻地、離島の人間に重宝されます。インターネットによる診察で済ませられれば、移動する手間を省くことが可能です。地方では医者に通院するまで一時間、二時間とかかることも珍しくないため、オンライン診察を受診することによるメリットは大きいです。初診で可能になったことより、かかりつけでなかった病院をコロナ終息後も診察に使用できます。

 

 便利なシステムですけど、全ての病院が導入しているわけではありません。オンライン診察のできる病院は一部にとどまり、多数の病院は自分で足を運ばなくてはなりません。

 

 歯科医、鍼治療などでは適用できず、自分で診察のために移動する必要があります。身体を直接治療する場合は、足を運ぶ必要があります。

 

 オンライン診察を行っている精神科のホームページを掲載します。なお、サイトは精神科だけでなく、幅広い科を検索できます。全国各地のオンライン診察導入の有無を調べられるため、自分の診察している病院が適用しているのかをチェックしましょう。

 

https://byoinnavi.jp/online_medical_examinations/002

©精神科 オンライン診療可能な病院・クリニック 64件 【病院なび】

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 居心地を良くしたい利用者同士の会話
  2. 障碍者事業における理想と現実
  3. 障碍者は見えないところでお世話になり、見える形で被害を被る
  4. 結果主義は障碍者にとって生きにくい
  5. B型作業所の待遇は事業所によって異なる
  6. 野菜ジュースは糖質(糖分)が非常に多い
  7. より良い睡眠のために
  8. 発達障碍は社会全体から嫌われるわけではない

おすすめ記事

『心の傘』―心に大きな傘を差してあげよう―

心が落ち込むと…大雨が降ってくる。でも……

ホットカンパニー

障害者及び高齢者の自立生活支援と社会参加の促進に関する事業を行うことにより、障害者及び高齢者の福祉の…

クローバーハウス

利用者と雇用契約を締結し、障がい者に対し就労の機会の提供その他の便宜を適切かつ 効果的に行う。利用者…

合同会社農場たつかーむ

(運営の方針) 第2条 事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、各自の…

しまりすBS新川

障がいをお持ちの方に、自立と生活設計の訓練の場及び生活基盤を見出すた為の就労の場を提供しています。そ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP