福祉・医療

B型作業所の待遇は事業所によって異なる

 

 B型作業所における、一か月間の平均工賃は16000円前後となっている。作業所内で週30時間の作業をしているなら、時給は100円程度になる。(以前に耳にしたところでは80円で8時間労働だった)

 

 利用者の作業レベルにもよるけど、時給100円で作業させるのはどうかなと思う。生活保護などで収入を確保できるなら問題ないけど、家族と一緒に生活を共にしている場合は明らかに少なすぎる。交通費を会社が支給しない場合、通所しても収支がマイナスになることも起こりうる。

 

 B型作業所によっては、利用者の月収が3000円という会社も存在する。利用者の数だけ集めて、職員の収入を確保するのはいかがなものか。障碍者のための施設ではなく、一般人が食つなぐための作業所が常態化している。

 

 利用者に対して、高い工賃を払おうとする法人もある。給料の目標を掲げ、達成しているのであればすごいなと思う。

 

 B型作業所の企業理念で、最低賃金以上を目指すという目標を発見した。B型作業所でありながら、A型作業所以上の待遇を達成しようとする姿勢はすごい。最低賃金で週に30時間働ければ、10万円以上の手取りとなる。有給、雇用保険を受給できないデメリットを併せ持つものの、A型作業所よりも高い収入を得られることになる。

 

 B型作業所には雇用契約を結ばず、A型作業所のサービスを提供できるとある。(1つのB型作業所で10人まで)このサービスを利用している会社もあるかもしれない。(注1)

 

 一般就労の難しい利用者であっても、高水準の収入を確保する。そのような事業所が増えていくといいな。B型作業所の主役は支援員ではなく、利用者であることを忘れてはならない。 

 

(注1)詳しいことを知りたい場合、支援者に聞いてみましょう。専門的なことを耳にすることで、障碍福祉への理解を深められるでしょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 脳性麻痺があっても前に進み続ける
  2. 障碍者は常に理不尽を強いられる
  3. 障碍者施設は、能力の低い利用者を優遇するシステムを採用
  4. e-ラーニングで障碍者向けのプログラムを学べる
  5. 障碍者が会社で居場所を確保するためには
  6. 勉強をゲーム感覚で行える発達障碍が真の一流となる
  7. 障碍者施設に感じたわずかな希望
  8. 障碍者枠は週に30時間以上働くことが求められる.
PAGE TOP