福祉・医療

障碍者枠は週に30時間以上働くことが求められる.

 

 障碍者枠で就職する場合、週30時間以上の勤務が求められることが多いようだ。

 ハローワークの求人票においても、週30時間以上と記載されているのを見たことはないだろうか。

理由はいたって簡単なところにある。週30時間以上の雇用でないと、障碍者雇用のカウントが半減されてしまうのだ(精神障碍は特例あり)。障碍者雇用は障碍者をカウントするための雇用であるため、なるべく数を減らしたいのが企業側としての本音。30時間未満しか働けないとわかっただけで、選考外となってしまうことも考えられる。

 体力に自信がないからといって、時間短縮はできますかという質問は避けた方が無難。障碍者雇用を理解していないことが一発でわかってしまうし、企業側にとって大きな爆弾を抱えることになる。安定して30時間以上働ける人材を求めていることを、頭にとどめておきたい。

 体力的に働く自信がないのであれば、A型作業所などに通所するところからはじめてみてはいかがだろうか。近年は施設外就労で一般に近い環境で働ける事業所が増えつつある。自信をつけてから、一般就労を目指してみよう。(実習先に就職できることもちょくちょくある)

 障碍者枠は出社できることが重要、このことを念頭に置きながら就職活動に取り組んでいきたい。

 

*一般就労する場合、原則として20時間以上は働けることが求められます。それ以下の人は、採用されないと思った方がいいでしょう。(法定雇用率に算出できるのが最低20時間であるため)

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者にとって健常者はクラッシャーみたいなもの
  2. 誤魔化しながら継続していく障碍者支援
  3. 障碍者施設に感じたわずかな希望
  4. 健常者と障碍者は異なる部分が多い
  5. 障碍者と健常者の対比
  6. 能力を重視する社会【障碍編】
  7. 平均給料の推移から垣間見えるA型作業所の課題 
  8. リーゼ(精神安定剤)の効果

おすすめ記事

就労継続支援センター巣立

1.利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう就労の機会を提供するとともに生産活動…

スマイルワーク

利用者が基本的人権を享有する個人としての尊厳にふさわしい日常生活又は社会生活を営むことができるよう、…

若葉作業所

障害者自立支援法等関係法令の理念に則り、利用者の自立と社会経済活動への参加を促進するために、通所によ…

相談支援事業所 フェニックス

・地域定着支援の提供に当たっては、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、当該利…

VIVIANA

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP