人生

主張の強い者は他人の感情を粗末に扱う

 

 一般企業で主張の強い人間が、問題を起こす場面に遭遇したことはないだろうか。企業勤めをしていれば、一度は経験していると思われる。

 社内で問題を起こすのは、幼少期からトップに立ってきたものが多い(限りなく近い地位にいたものも含む)。自分の要求が通るという思い込みをしたまま、大人になってしまう。学力(才能)がどれだけ高くとも、社会的にはなんとも残念な人たちなのである。(他者の尊厳というものを根本的にわかっていない)

 主張の強い人間に含まれるのは発達障害、アスペルガーといった、特異な脳を持つ障碍者だけとは限らない点に留意しておきたい。健常者であっても、幼少期から力を誇ってきた人間は非常に高い確率で該当する。障碍の影響は否定できなくとも、幼少期の振る舞いによって決まる部分も大きい。

 人間は一度身についてしまった生き方を簡単には変えられない。一匹狼として育ってきたタイプは大人になっても肌の王様のまま。他人から白い目を向けられたとしても、当人は全く気づかない。

 こういうタイプは得てしてすぐにボロが出るもの。ボイスレコーダーに録音するなどして、証拠を残すようにしよう。力で抑えつけることしかできないろくでなしに、泣き寝入りする必要なんてどこにもない。社会から追放することによって、他の社員の安定が築かれていく。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 相手の心を尊重しよう
  2. 人生はすれ違いの連続
  3. 女性は察してほしい生き物
  4. 悪口ばかり話す人から逃げよう
  5. 他者本位のまなざしで接すれば・・・
  6. 教師の採用方法を変えた方がいい
  7. 人間を4つのパターンに分けて考える
  8. 雨の日に自転車を乗車してもいいのか

おすすめ記事

癒とりの里

未来をひらく・マブイ六甲

自分たちが育ってきた地域を障がいが”ある・ない”を問わず、みんなで協力しながら支え合うことができる素…

地域サポートセンター ゆいネット輝北

在宅障がい者の「働きたい」「仲間が欲しい」というニーズに寄り添い、能力に応じた作業の提供で高い工賃を…

鹿島福祉作業所

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、障害者総合支援法施行規則第6条の10第2…

有田ものづくり壱番福

当法人は利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して、生産活動その他の…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP