人生

社会から問題のある社員がいなくなるのは夢物語

 

 社会で問題のある社員を完全に排除するのは難しい。(大企業では人数が多いため顕著になる。数人単位の少人数の企業では可能ではあるものの、上司の意向によっては真っ黒に染まる可能性もある)
 力を結集して問題社員を取り除いたとしても、時間の経過と共に新しい力関係が構築されることになる。(人間は保身のために、共通の敵を作ろうとする傾向がある)結果としては一時凌ぎにしかならず、問題社員がいたときよりも環境が悪化する可能性も充分にある。(問題社員が悪い意味で抑止力となっていたというのはよくある話)
 社会で生活するためにはどこかで線引きをしなくてはならない。理想ばかりを掲げていては前に進むことはないことを、頭にとどめておきたいところ。よほどの問題社員でない限り、我慢するように努めたい。他人の共感が得られないことをあれこれいいすぎると、自分がターゲットとして狙い撃ちされかねない。口は禍の元であることを肝に銘じながら、人生を送るように心がけたい。
 社会には問題を起こす人間は必ずいる、そのように考えるとちょっとは気分が楽になるかもしれない。 

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 必要なお金とは?
  2. 現実を捻じ曲げながら生きていく
  3. 『ハイボール』が人気の理由、飲み屋の都合から説明
  4. 「凡人」でも努力すれば実績を残せる
  5. 自転車は車道、歩道のどっちを走らせたらいいのか
  6. 雑学よりも人のためになることを学ぼう
  7. 2024年から新たな紙幣の顔となる3人を紹介!
  8. 他人はそんなに助けを求めていない

おすすめ記事

ワークスタジオきぼう

事業所は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、該当利用者に就労の機会を提供…

すまいる

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して就労の機会を提供するととも…

キラリア円頓寺

この事業では、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、専ら障がい者の日常生活及…

フローラ

フローラ、フローラⅡでは障がいがある人が、やりがいを持って穏やかに働き続けられるように様々な支援をお…

障害福祉就労継続支援施設(A型)三和の里

1、当サービスを利用する利用者が、自立した生活を営むことができるよう、雇用契約に基づき就労の機会を提…

新着記事

PAGE TOP