福祉・医療

発達障碍が働く難しさ

 

 発達障碍者が働くにあたって難しいと思ったのは、一般人の感情が他よりも動きやすいところにある。必死に頑張れば応援してもらえる反面、なまけてしまうと誰も口をきいてくれなくなる(浮いてしまった場合、他の感情をあまりに読めない場合も同様)。両極端になってしまいがちな一面がある。

 当事者にとってはどちらも好ましくない。応援されるというのは一見いいようだけど、無理をして自分を壊す確率が上昇する。期待にこたえなければという思いにさいなまれることで、自分を潰してしまう人は少なくない。過剰なノルマであっても、役立たずといわれないために頑張ろうとする傾向がある(できなかった場合のしっぺ返しを恐れるため。過去の失敗なども影響する)。

 誰からも相手にされないというのもあまりにも悲しすぎる。人間の尊厳などを大いに傷つけられることになる。こちらになった場合、再起不能な傷を負ってしまうリスクがある。

 発達障碍者としての理想は応援もされず、無視もされないこと。難しいかもしれないけど、一般人にはこれを求めたい。職場で出る杭になるような状態は避けてほしいのが本音だ(そのことで退職に繋がりかねないため)。

 発達障碍者にとって働きやすい環境が作られていくといいな。そのためには一般人の協力が欠かせない。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 痴漢を依存症と見立てて、治療するための病院がある
  2. 支援機関は一部の障碍者の人間性を否定する場所
  3. 雇用保険制度の変更点
  4. 初診のオンライン診察解禁(精神科のサイト付き)
  5. A型、B型作業所から一般就労しようと思う利用者が取る行動
  6. ショートショート『高齢者施設に変化』
  7. 障碍者は見えないところでお世話になり、見える形で被害を被る
  8. 障碍者支援の矛盾

おすすめ記事

陽だまり

就労継続支援B型・生活介護・地域活動支援センターの事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む…

三菱USJがデジタル口座を導入しようとしている

 三菱UFJが紙の口座から、スマホやインターネットによるデジタルに変更した場合、先着…

サポートセンターbeing瑞穂 

運営規程との整合性…

ネクストステージ赤池

目的:利用者が安心して継続して利用できるよう、適正な障害福祉サービスを提供すること。 方針:利用者の…

Pリーガー紹介⑧

皆様こんにちは!桐谷 凛花(きりたに りんか)です。今回もP…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP