時事問題

バレンタインデーに愛の告白をするのは少数派

 

 バレンタインデーの形態が転換期を迎えているようです。

 近年は市販で購入したものではなく、自分で作ろうとしている方向にあります。手作りでチョコレートを作る、もしくはその予定がある人が増えています。バレンタインを仕掛けた企業としては方針転換を余儀なくされる段階に来ています。

 チョコレートを購入する人の中には、好きな異性にプレゼントするというより、自分のために購入する人の割合が増えているようです。自分のためということもあってか、高額になりやすいようです。一人で一万円に迫ることもあります。

 チョコレート以外のお菓子を購入するケースも増えています。チョコレートが苦手という人は、クッキーなどを代わりとしているようです。バレンタイン=チョコレートという固定概念が崩れつつあります。

  ごくごくわずかですけど、愛の告白をするためにチョコレートを用意する女性もいるみたいです。男性としては素敵な異性と巡り合う可能性は0ではありません。交際相手がいない人にとっては、特別な日になる可能性を秘めています。プレゼントする側、される側にとって特別な一日になりますように。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 公共の場では匂いのする食べ物は自粛すべきなのか
  2. 台風被害の主題が、ローカル空港?ハブ空港?
  3. 女子軟式野球設立の動き
  4. 自分の立場を理解しないと痛い目に遭う
  5. 脳性麻痺があっても前に進み続ける
  6. ストーカーで悩む人たち
  7. 市町村合併と「学校の閉鎖」の関連性
  8. 暖冬が日常生活に与える影響(主は水不足)

おすすめ記事

よこやま工房

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に就労の機会を提供するとともに、生…

三つ葉の里

この事業所が実施する事業は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営む事が出来るよう、利用者に対して…

障がい福祉サービス事業所美々川デイセンター

利用者の立場に立って適切な指定障害福祉サービスの提供を行う。 利用者の身体その他の状況及び置かれてい…

ウイング

働くことが不安がある方や困難と思われる方々に働く場所を提供し、将来の一般就労を応援します。…

わーく・エリア

就労支援員を配置し、一般就労に力を入れている。 社会に巣立つためには、当事業所での訓練のメニューをで…

新着記事

PAGE TOP