時事問題

バレンタインデーに愛の告白をするのは少数派

 

 バレンタインデーの形態が転換期を迎えているようです。

 近年は市販で購入したものではなく、自分で作ろうとしている方向にあります。手作りでチョコレートを作る、もしくはその予定がある人が増えています。バレンタインを仕掛けた企業としては方針転換を余儀なくされる段階に来ています。

 チョコレートを購入する人の中には、好きな異性にプレゼントするというより、自分のために購入する人の割合が増えているようです。自分のためということもあってか、高額になりやすいようです。一人で一万円に迫ることもあります。

 チョコレート以外のお菓子を購入するケースも増えています。チョコレートが苦手という人は、クッキーなどを代わりとしているようです。バレンタイン=チョコレートという固定概念が崩れつつあります。

  ごくごくわずかですけど、愛の告白をするためにチョコレートを用意する女性もいるみたいです。男性としては素敵な異性と巡り合う可能性は0ではありません。交際相手がいない人にとっては、特別な日になる可能性を秘めています。プレゼントする側、される側にとって特別な一日になりますように。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 自民党議員が移動自粛中に地元に戻っていた
  2. 覚せい剤逮捕に見る人間の依存性
  3. 熱戦が続いている、ラグビーとバレーボール
  4. 京アニ放火事件の背景
  5. 大学入学共通テストの見送り
  6. ラグビー日本代表のユニフォーム 本当は「単色」にしたかった!
  7. コロナウイルスによる差別、罵倒が起きている
  8. 電車の居眠り運転について考える

おすすめ記事

未来工房 琴似駅前

事業所は利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう 当該利用者を雇用して就労の機会…

さくら工房

「共に生き、共に働く」 ①地域密着型を目指し地域内の商工会農水産関係者などの連携を密にする。 ②生活…

えんの道

事業所は、利用者と雇用契約を締結し、障害者に対し就労の機会の提供その他の便宜を適切かつ効果的に行うも…

就労支援センター ハーテス本町

事業所は、利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、当該利用者を雇用して就労の機会…

済生会山口地域ケアセンター やまぐち障害者生活支援センター

事業所は、地域定着支援の実施にあたって、居宅において単身で生活する障害者等、地域生活を継続していくた…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP