時事問題

自転車事故には気をつけよう

 

 自転車を運転していた被告は無灯火の自転車で走行していたため、警察官にパトカーで追跡された。巡査部長が男性を止めるために前方で待ち構えていたところを衝突された。自転車は時速44キロ出ており、衝突の衝撃が大きかったのだろう。前途多望な25歳の巡査部長は、2カ月後に息を引き取った。

 事故(事件)を起こした被告に対して、遺族は1億1800万の損害賠償を求めて提訴した。地裁は訴えを認め、9400万円の支払いを命じる判決を出した。

 近年、自転車事故において高額な判決が相次いでいる。自転車は車であるという認識が世間に広まりつつある。

 一般家庭で9000万のお金を払うのはほぼ不可能。被告の家族は自己破産を申請し、支払いを免れるだろう。裁判に勝訴したとしても、得られるものはほとんどない。運よく金銭を入手できたとしても、失われた命は帰ってこない。

 自転車は車である、そのような意識を持ちながら運転してほしいところ。事故が起きてから、ああしておけばよかったでは遅い。事故で誰もが悲しまない社会を作り出していきたい。 

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200206-00000087-kyodonews-soci

©警官死亡で9千万円賠償の判決 自転車で衝突の元少年に、高知(共同通信) – Yahoo!ニュース
 

文章:陰と陽

 

 

 

関連記事

  1. ハズレ夫をひいた女性たちの本音
  2. 裁判員裁判の判決が覆る(死刑→無期懲役)
  3. 仕事をできることに感謝したい
  4. 三菱USJがデジタル口座を導入しようとしている
  5. うがい薬が市場から消えた
  6. 罰則付きの外出制限
  7. 「あおり運転」で免許取り消し
  8. 高等教育無償化は進学の役に立つか?

おすすめ記事

Renee福祉サービス

『季節』―春の季節は、別れと出会いの季節―

この季節は…別れの季節…出会いの季節…&…

自転車は車道、歩道のどっちを走らせたらいいのか

自転車は軽車両に定義される。原則として車道を走ることを求められるものの、例外が設けら…

ほくせつ24

総合就労支援福祉施設にしなりWing

事業所は、利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう、利用者に対して一定の期間にわ…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP