福祉・医療

A型作業所、B型作業所から一般就労する確率はかなり低い

 

*古いデータを参考にしているため、直近の統計でないことに留意してもらいたい。

 

 A型、B型から一般就労した人数が厚生労働省から発表されている。

 どちらも一般就労率は5パーセント前後にとどまる(平成27、28年のデータ)。利用者の20人に1人しか一般就労していないことになる。なおA型の7割、B型の8割は(平成25年のデータ)一人も一般就労していない。

 A型、B型の最終目的は一般就労すること。それにもかかわらず、一般就労に繋がらないのは実践的なトレーニングを積んでいないからなのかもしれない。単純な軽作業を繰り返すだけでは、戦力になりうる人材にはなれない。最初から就職が難しい人も含まれている人材が含まれていたとしても、さすがに低すぎるのではなかろうか。

 一般への就職率を上げるためには効率的な方法は、実践に即した仕事に取り組むこと。そうすることで、一般への道を開けるのではなかろうか。

 A型作業所をお金だけの判断にしたのは、作業所の体たらくぶりも影響しているような気がする。

金銭を評価材料にすれば、人材を外に出さざるを得なくなる。埋もれた人材を活用のためであるならば、厚生労働省の判断はあながち間違っていないことになる。

 就職するはずの場所にずっと居座る。当事者の将来のためにも、そのような事態を打開できるようになるといいな。

 

https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000091254.pdf

©資料2-1 障害者の就労支援について:厚生労働省

 

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/1198/00260283/h27_syuro_tyousa_matome.pdf

©移行支援事業所推移 A型事業所推移 B型事業所推移:大阪府

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. モラハラ、パワハラで障碍者の雇用形態に変化をもたらす
  2. 発達障碍プロジェクト(発達障碍者向けサイト)
  3. 障碍者が働く(就職活動をする)ときに気をつけるポイント2
  4. 障碍者支援の矛盾
  5. 障碍によるハンディを理解する
  6. 障碍について理解を深めると
  7. 病院の待ち時間について
  8. 障碍者事業所の方針を読んだ感想

おすすめ記事

ラーフ・ウッド

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに生産活動その…

相談支援事業所 ホットミルク

ふれんずサポートセンター (二重住所)

総合的な援助方針や解決すべき課題などを踏まえ,関係機関との連携により最も適切なサービスの組み合わせ等…

スクラム

ニューライフ君田相談支援事業所

利用者が、自立した生活を営むことができるよう、利用者又は障害児の保護者の選択に基づいて、適切な保健、…

新着記事

PAGE TOP