福祉・医療

依存症への精神科医の拒否感は強い

 

  アルコール、ギャンブル依存症などの治療に否定的な精神医が約4割にのぼっている。内訳は、

受付そのものを断りたいが15パーセント、出来れば関わりたくないけどとりあえずは診察するというのが26パーセントだった。悲しいかもしれないけど、7人に1人は受診すら受け付けたくないというのが実情なのである。4人に1人は受診はするも、前向きな気持ちで話をしていないことになる。

 理由は診察報酬が少ない、治療のやり方がわからないというものがあった。お金にもならないし、治療もできないのであればやりたくないという思いが芽生えても不思議はない。

 患者側もこれくらいのことで診察したくないという思いがあるようで、治療へのハードルは高いといわざるを得ない。家族を傷つける、借金を抱えるのならまだしも、アルコール、ギャンブルでストレスを解消するのは悪いとはいえない。病気、病気と対策に乗り出すことで、かえって悪化する患者も出かねない。人間は他人にやらされたと思うと、拒否感を示しやすくなる。過度な介入は禁物である。

 依存症に対する対応は前進するのか、それとも後退するのか。どのようになっていくのかを見守っていきたいところ。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200124-00010000-fukushi-soci

©依存症の診療に医師の4割が拒否反応 理由は人手不足〈日精診 初調査〉(福祉新聞) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 障碍者の叫び
  2. 発達障碍が人と相談してて感じたこと
  3. 障碍者の恋愛事情
  4. 就労実績をあげている事業所の紹介(事業所は北海道)
  5. 障碍者との勤務に賛成か反対か
  6. 高次脳障碍がつきにくい仕事
  7. 初診のオンライン診察解禁(精神科のサイト付き)
  8. 障碍者が職場で就職(定着)するためには
PAGE TOP