健康

コロナウイルスが世界に広がりつつある

 

 中国武漢で感染が発見された、コロナウイルスが世界に広がりつつある。日本、タイ、韓国などで発症例が発見され、アメリカにおいても感染者が出ました。国際間の移動が容易になっていますので、ヨーロッパ、中東などで感染者が出るのも時間の問題でしょう。数日中にはコロナウイルス感染のニュースが流れているかもしれません。
 致死率は現状では1~2パーセント程度で、死亡した4人のうち3人は60歳以上となっています。年齢との因果関係は不明ですが、免疫が弱くなるほど重症化する確率が上昇している可能性はあります。
 中国武漢を訪問していなくてもコロナウイルスを発症している患者もいるため、感染経路についてははっきりしていません。インフルエンザのように人から人へうつるのか、別の要因で発症するのかは不明です(現時点では映らないという予測がなされている)。人からではないとすれば、空気感染なども考えられます。
 ウイルスがどの季節に流行りやすいのかもわかりません。気温が上昇することで、広がりを見せる可能性もありえます。冬を越したから一安心とは思わない方がいいでしょう。
 遺伝子が変化した場合、SARSのように猛威を振るうようになることも考えられます。現在は致死率は低いからと安心せずに、ウイルスに関する情報を収集するように心がけましょう。新型だけにワクチンは開発されていません。命に危険を及ぼすリスクは充分にあります。
 突如として沸き起こる新型ウイルス、温暖化との因果関係はあるのでしょうか。地球の環境の変化がもたらしているのだとすれば、数年後に人間の脅威となるウイルスが流行するかもしれません。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200122-00050088-yom-int
©新型肺炎、米で初の感染確認…15日に武漢から帰国の男性(読売新聞オンライン) – Yahoo!ニュース

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 阪神の選手が書類送検された
  2. 大学入学共通テストの見送り
  3. ナイキが新高速シューズ(アルファフライ)をデビューさせるかもしれ…
  4. 平熱であってもインフルエンザにかかる
  5. バレンタインデーはどのようにして根付いていったのか
  6. 女子軟式野球設立の動き
  7. コンビニのおでんの方向性が変わる
  8. 完全禁煙を望む非喫煙者

おすすめ記事

障害福祉サービス事業所 ウッディいのおか

障害者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるよう支援するため、事業所通所により入浴、給食…

就労継続支援B型事業所 結

障害福祉サービス事業所安岡苑分場

おおだて障害者相談支援センター

1、利用者がその有する能力及び適性に応じ、自立した日常生活及び社会生活を営むことができるよう、利用者…

ステップ・ワーカーズ

一体的に運営する移行支援事業所の終了者の職場定着支援を中心に、ご本人が希望する鍵に長く働き続けるため…

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP