就労

ハローワークに配置されたサポーターの是非

 

 ハローワークに雇用トータルサポーター(精神障碍者向けの就職相談)が配置されました。

 メリットとデメリットを以下にあげます。

 

 メリット

*無料で相談に乗ってもらえる。

*精神科におけるケースワーカーのような役割を担っており、就職のことを中心に話できる。(あちらは生活のことが中心になりやすい)

*ハローワークの担当者とやり取りをすることで、就職への支援が行いやすくなる。聞いた直後なので、きっちりと伝わる確率も高くなる。精神科のケースワーカー、就職支援センターなどでは個人情報の関係でやり取りがスムーズに行きにくいのが欠点。時間が経過するにつれ、情報が正しく伝わりにくくなる。

*一度きりの相談も可能(合わないと思えば、次回からはキャンセルすればよい)

 

 デメリット

*休日は休みなので、仕事をしていると利用しにくい。(求職者向けであり、就職している人は対象外なのかもしれない)

*相談相手が相談内容の話を理解できているのか疑問。(早期退職、人間関係でつまずくなどといったことを本当の意味で理解できているのかわからない)

*人数がいっぱいの場合、予約をなかなか取りにくくなる。(精神科以上に顕著になるかも)

 

メリット、デメリットの双方がありますが、相談したいことがあれば活用してもいいでしょう。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 精神安定剤の服薬をやめよう
  2. 障碍者は社会で居場所がない
  3. 障碍者が働く(就職活動をする)ときに気をつけるポイント2
  4. 支援者と利用者のあるべき関係は一部分で崩壊している
  5. 勉強をゲーム感覚で行える発達障碍が真の一流となる
  6. 兵庫県で条件付きで、フルタイム勤務可能なA型事業所の紹介
  7. テレワークの運動不足を解消しよう
  8. 高齢者の就職支援を静岡県で行っている

おすすめ記事

ふれあい工房

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供 するとともに、生産活動…

就労継続支援 札幌大通

利用者が自立した日常生活又は社会生活が営むことができるよう、通常の事業者に雇用されることが困難な利用…

社会福祉法人兵庫県社会福祉事業団 ことぶき苑相談支援事業所

1 事業所は、相談支援を利用する障害者(以下、「利用者」という)が自立した日常生活または社会生活を営…

優秀な人が抱える悩み

 優秀だからこそ、他人から理解されない悩みを抱える。多くの人はそのことを頭の片隅にも…

Cocorport 三鷹駅前Office

利用者が自立した日常生活又は社会生活が営むことが出来るよう、当該利用者に対し2年間にわたり生産活動及…

新着記事

PAGE TOP