コラム

ショートショート『インフルエンザ菌のイタズラ』

 

『インフルエンザ菌のイタズラ』

 

  悪魔の菌が次のターゲットを狙っていた。

「今回は冬に流行るインフルエンザ菌で悪戯してやろう。あそこのひ弱そうなジジイがちょうどいいな」

 菌は誰にも気づかれることなく、80歳の高齢者に襲いかかろうとした。義務にもかかわらず、インフルエンザの予防接種を行っていなかったため、瞬く間にかかってしまうこととなった。

「よし、大成功だ。次は誰をターゲットにしてやろうかな」

 おじいさんを高熱が襲ったのか、脳がくらくらしている。菌はその様子にご機嫌だった。

 ウイルス菌はすぐに伝染してしまいそうなターゲットを探す。今度は三か月前に生まれたばかりの赤ん坊がターゲットだ。 

「あいつも簡単にかかりそうだ。よし、悪戯してやれ」

 ウイルス菌は赤ちゃんにこっそりと近づき、一気に体内に押し寄せていく。赤ん坊はインフルエンザのワクチンを接種していたためか、なかなか中に入れなかった。悪魔は自分が消滅する前に脱出を図ることにした。

「ちくしょう。せっかくのターゲットなのにうまくいかない。こいつに時間をかけてもしょうがないから、次を探すことにしよう」

 ウイルス菌は次のターゲットを探す旅に出た。春の季節がやってくるまで、一人でも多く感染させてやりたい。願いをかなえるため、忍者さながらの素早い動きをやめることはない。

 ターゲットは人間60億人に加え、犬といった動物も含む。これらをひっくるめて困らせてやろうじゃないか。悪魔の瞳には見た目に反して、貧弱そうな二〇代の男女が映し出されていた。

 

文章:陰と陽

関連記事

  1. 物語の一巻目を簡単に解説! 第六回【八十亀ちゃんかんさつにっき】…
  2. ショートショート『庶民が大金を入手した末路』
  3. 4人のオタクと美女達が巻き起こす恋愛コメディドラマ『ビックバンセ…
  4. 子供の頃の夢
  5. 権力者は君主制を好み、庶民は民主主義を求める
  6. ショートショート『二度自信を失う』
  7. ショートショート『夕食は鍋』
  8. アイザィア・バーリン『自由論』

おすすめ記事

ハピネス経理センター

特定非営利活動法人ハピネスが設置するハピネス経理センター(以下「事業所」という。)が実施する障害者総…

TANOSHIKA

社会から「いじめ」をなくすために

  社会という場においても、いじめがいたるところで起きている。 パワハラ問題を起…

就労支援センターあるく

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、利用者に対して一定の期間にわたり、生産活…

ゆたか苑

就労継続支援B型事業者として、高い倫理と価値観を礎とした専門職の使命感に基づき、豊かで安定した社会生…

新着記事

PAGE TOP