エンタメ

プロ棋士を生で見た感想

 

 将棋の大会に参加しました。特別ゲストとして、現役のプロ棋士、女流棋士、すでに引退した棋士の三人の存在がありました。テレビでは何度も見たことはあったけど、本物は初めてだけに感慨深かったです。

 午前中に希望者と二枚落ち(飛車と角)による対局を行っていました。一度に複数人と対局しているところを見て、複数の盤面を記憶しているのかなと思いました。並の脳ではとてもできません。

 将棋大会の決勝戦で、プロ棋士による解説が行われました。素人では到底読めないような手を指摘したときは、さすがにプロだなと思いました。

 局面が進んでいき、終盤を迎えます。プロ棋士は二〇手以上の詰み筋があることを指摘し、レベルの違いを見せつけられました。棋士になるためには、先を読めるようにならないといけないのだと思いました。同時にどのような脳をしているのか、覗いてみたいとも考えました。

 わずか一日でしたけど、真の一流に触れられたことは生涯の宝物だと思います。機会があれば、もう一度参加してみたいです。

 

文章:陰と陽

 

関連記事

  1. 伊藤周平『社会保障入門』(ちくま新書):ケアを考えるシリーズ3作…
  2. アイザィア・バーリン『自由論』
  3. 高校サッカーにはスーパーシード制がある
  4. 物語の一巻目を簡単に解説! 第八回【とけだせ! みぞれちゃん】
  5. 不思議な話『熱湯では伸びないラーメン』
  6. 仕事のヒントになるサイト
  7. ショートショート『パワハラ、セクハラ問題に真摯に取り組んだ結果』…
  8. 短編小説『どうしようもない男に鉄槌を下す時がやってきた』

おすすめ記事

美い舎

利用者が福祉就労や集団活動を通じ、豊かな成長ができるように支援することを目的とし、一社会人として地域…

DREAMER

一般就労を検討されている方には、仕事の訓練が必要だと考えます。 当事業所では、職業訓練に重点を置いて…

障害者支援施設 光風園

事業所は、利用者に対して、その自立と社会経済活動への参加を促進する観点から、利用者の能力や特性、環境…

就労継続支援センター ひまわりの家

 障がい者を対象に自立した日常生活又は社会生活を営むことが出来るよう、就労機会を提供するとともに、生…

就労継続支援A型事業所くすのき

新着記事

福祉介護ニュース

PAGE TOP